プレスリリース
JEPA日本電子出版協会のプレスリリース文です
< 前の月 | 次の月 >
The Japan Electronic Publishing Association, Chairman: Masao Sekido (President of Kenkyusha), located at 2-9-2 Misaki-cho, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan, website: http://www.jepa.or.jp, abbreviated to JEPA, has started an ePub Study Group with the purpose to do survey research on the ePub format and promotion activities and implementation of Japanese-language handling in the ePub format, which is a standard format for e-books and e-readers in Europe and the United States.

Excellent e-readers such as the Amazon Kindle, Barns & Noble Nook and the Sony Reader, have appeared on the scene and become available at low costs in the U.S. One of this Study Group's objectives is to speed up the creation of Japanese versions of those e-readers. The Kindle uses the Mobi format and Nook and the SONY Reader the ePub format, as a result the Study Group has included as its study objective the Mobi format, which is a sister format to the ePub format.

The ePub format, based on the XML format and formulated by the U.S. International Digital Publishing Forum (IDPF), enables text reflow (reflowing according to the screen size) and can display text and images on various devices from 15-inch large screen PCs to 3-inch smartphones.
Japanese-specific features such as vertical writing, ruby and line boundary character checks will be addressed.
The ePub Study Group like the iPhone Publishing Study Group set up in May, 2009 is a JEPA member-company-only group and an unlimited number of staff from a member company may attend group meetings. The main method of communication is through mailing lists.

■About the Japan Electronic Publishing Association (JEPA) http://www.jepa.or.jp/jepa/
JEPA was established in 1986 by publishers, printing companies, computer makers, and software houses playing a central role to promote electronic publishing. Activities over the past 23 years include the formulations of CD-ROM specifications and an XML schema for books, the popularization of Unicode fonts, to drive forward a plan of an electronic copyright deposit library, the promotion of e-readers, and dictionary data format reviews. There are currently 83 member companies.

News Media Inquiry Contact:
The Japan Electronic Publishing Association Secretariat
Tsuruya General Building 4F
2-9-2 Misaki-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 101-0061, Japan
TEL: 03-3556-5224 FAX: 03-3556-5259
E-MAIL: info@jepa.or.jp
Chief of the Secretariat: Toru Sampei
ePub_en.doc
ePub_en.doc
作成:下川 和男 2009.11.27 更新:2009.12.01

 日本電子出版協会(会長:関戸雅男(株式会社 研究社 代表取締役社長)、所在地:東京都千代田区三崎町2-9-2、ホームページ:http://www.jepa.or.jp、略称:JEPA)では、日本の電子出版物の育成と普及啓蒙を目的とした「JEPA電子出版アワード」を創設し、今年はその第3回目となります。この賞は、コンテンツ主体のゲームソフトから、オンライン・サービスまで、広義の電子出版物を対象とし、サービス提供者に対して授与されるものです。
 今年は、6ジャンル合計64点の候補作品の中から各ジャンル賞が投票で選ばれ、その中から大賞1作品が選ばれます。
 11月2日より、候補作品の中から、一般ならびにJEPA会員によるネット投票が行われましたが、集計の結果、以下の作品が、それぞれのジャンルでの受賞と決まりました。
  ネットワーク・コンテンツ賞 「MAGASTORE」 株式会社電通
  オンライン・サービス賞 「自動車アーカイブCGAS」 株式会社二玄社
  ベンチャー・マインド賞 「iPhone大辞林」 株式会社物書堂と株式会社三省堂
  デジタル・インフラ賞  「ブック検索」 グーグル株式会社 
  アドバンス・デバイス賞 「Amazon Kindle International版」アマゾンジャパン株式会社
  ロングセラー賞 「今日の診療」 株式会社医学書院

 来る12月3日に日本教育会館で開催される日本電子出版協会定例会にて、これらのジャンル賞の表彰と同時に、大賞の選考も併せて行われます。
award2009_genre.doc
award2009_genre.doc
作成:下川 和男 2009.11.24 更新:2009.11.26

 日本電子出版協会(会長:関戸雅男(株式会社 研究社 代表取締役社長)、所在地:東京都千代田区三崎町2-9-2、ホームページ:http://www.jepa.or.jp、略称:JEPA)では、欧米の読書端末や電子書籍の標準フォーマットである、ePub(イーパブ)の調査研究、普及啓蒙、日本語処理の推進を目的とした「ePub研究会」を発足させました。

 Amazon Kindle、Barnes & Noble Nook、SONY Readerなど、米国で優れた読書端末が低価格で登場し、日本語版の登場を促進させることも研究会の目的の一つです。 KindleはMobi(モビ)形式、NookとSONY ReaderはePub形式を使っており、ePubの兄弟フォーマットであるMobiも、この研究会の対象としています。

 米国の標準化団体IDPF(International Digital Publishing Forum)が策定したePub形式はXMLをベースとし、テキストのリフロー(画面サイズに合わせた流し込み)が可能で、15インチの大画面パソコンから読書端末、3インチのスマートフォンまで、様々なデバイスへのテキスト+画像表示が可能です。
 
 ePubでの縦書き、ルビ、禁則など日本語処理も推進します。
ePub研究会は、今年3月に発足した「iPhone出版研究会」同様、JEPA会員社限定で、会員社は何名でも参加できます。 主にメーリングリストを使ってコミュニケーションします。

■日本電子出版協会(JEPA)ついて http://www.jepa.or.jp/jepa/
 日本電子出版協会(Japan Electronic Publishing Association)は、1986年、出版社、印刷会社、コンピュータ会社、ソフトウェア会社などを中心に、電子出版の普及啓蒙を目的として設立されました。23年間に渡る活動の中には、CD-ROM仕様策定、Unicodeフォントの普及活動、書籍XML構造の策定、電子納本制度の推進、読書端末の普及促進、辞書データ形式の検討などがあります。 会員社83社 。
ePub研究会をスタート.doc
ePub研究会をスタート.doc
作成:下川 和男 2009.11.12 更新:2011.03.02

 日本電子出版協会(会長:関戸雅男(株式会社 研究社 代表取締役社長)、所在地:東京都千代田区三崎町2-9-2、ホームページ:http://www.jepa.or.jp、略称:JEPA)では、日本の電子出版物の育成と普及啓蒙を目的とした「JEPA電子出版アワード」の大賞選考会と表彰式を来る2009年12月3日に日本教育会館で開催される日本電子出版協会定例会で行います。 その一般投票が、本日スタートしました。投票は11月15日に締め切られ、集計されます。

 この賞は、コンテンツ主体のゲームソフトから、オンライン・サービスまで、広義の電子出版物を対象とし、サービス提供者に対して授与するものです。
昨年は、
    ネットワーク・コンテンツ賞 digital CAR GRAPHIC(二玄社)
    パッケージ・コンテンツ賞 旅の指さし会話帳シリーズ(エビデンス・ジャパン)
    オンライン・サービス賞 「OCLC NetLibrary」(OCLC/紀伊國屋書店)
    ベンチャー・マインド賞 「JapanKnowledge」(ネットアドバンス)
    デジタル・インフラ賞 「T-Time」(ボイジャー)
    アドバンスト・デバイス賞 Amazon Kindle(米国Amazon)
    ロングセラー賞 現代用語基礎知識CD-ROM(自由国民社)
    大賞 「JapanKnowledge」(ネットアドバンス)

 今年の候補作品は63点、以下の6ジャンルで構成され、その中から大賞1作品が選定されます。
   ネットワーク・コンテンツ賞  13作品
   オンライン・サービス賞  19作品
   ベンチャー・マインド賞  9作品
   デジタル・インフラ賞   9作品
   アドバンス・デバイス賞  8作品
   ロングセラー賞  5作品

 本日から投票がスタートし、以下のサイトから、ネットユーザであれば誰でも投票が行えます。
http://www.jepa.or.jp/award/award_vote.cgi
電子出版アワード投票スタート.doc
電子出版アワード投票スタート.doc
作成:下川 和男 2009.11.12 更新:2009.11.12

< 前の月 | 次の月 > | このページのTOPへ↑