プレスリリース
JEPA日本電子出版協会のプレスリリース文です
< 前の月 | 次の月 >
 日本電子出版協会(会長:関戸雅男(株式会社 研究社 代表取締役社長)、所在地:東京都千代田区三崎町2-9-2、ホームページ:http://www.jepa.or.jp、略称:JEPA)では、日本の電子出版物の育成と普及啓蒙を目的とした「JEPA電子出版アワード」の第2回発表会を、2008年7月10日東京ビッグサイトで開催された第15回 東京国際ブックフェア(http://web.reedexpo.co.jp/tibf/)の会場内で行いました。

 この賞は、コンテンツ主体のゲームソフトから、オンライン・サービスまで、広義の電子出版物を対象とし、サービス提供者に対して授与するものです。JEPA電子出版アワードの投票は6月9日からスタートし、6月20日に締め切られ、65候補作品から7ジャンルの賞が決まりました。その中から電子出版アワード委員会により、以下の7ジャンル賞の中から大賞1作品が選定されました。

電子出版アワード大賞 : JapanKnowledge (株)ネットアドバンス
ネットワーク・コンテンツ賞 : digital CAR GRAPHIC (株)二玄社
パッケージ・コンテンツ賞 : 旅の指さし会話帳シリーズ(株)エビデンス・ジャパン
オンライン・サービス賞 : OCLC NetLibrary (株)紀伊國屋書店
ベンチャー・マインド賞 : JapanKnowledge (株)ネットアドバンス
デジタル・インフラ賞 : T-Time (株)ボイジャー
アドバンス・デバイス賞 : Amazon Kindle   米国Amazon
ロングセラー賞 : 現代用語基礎知識CD-ROM  (株)自由国民社

■日本電子出版協会(JEPA)ついて http://www.jepa.or.jp/jepa/
 日本電子出版協会(Japan Electronic Publishing Association)は、1986年、出版社、印刷会社、コンピュータ会社、ソフトウェア会社などを中心に、電子出版の普及啓蒙を目的として設立されました。20年間に渡る活動の中には、CD-ROM仕様策定、Unicodeフォントの普及活動、書籍XML構造の策定、電子納本制度の推進、読書端末の普及促進、辞書データ形式の検討などがあります。 会員社69社
電子出版アワード大賞発表.doc
電子出版アワード大賞発表.doc
作成:下川 和男 2009.11.12 更新:2009.11.12

< 前の月 | 次の月 > | このページのTOPへ↑