プレスリリース
JEPA日本電子出版協会のプレスリリース文です
< 前の記事 | 次の記事 > | 最新10件を表示
 日本電子出版協会(会長:関戸雅男(株式会社 研究社 代表取締役社長)、所在地:東京都千代田区三崎町2-9-2、ホームページ:http://www.jepa.or.jp、略称:JEPA)では、日本の電子出版物の育成と普及啓蒙を目的とした「JEPA電子出版アワード」の大賞選考会と表彰式を来る2009年12月3日に日本教育会館で開催される日本電子出版協会定例会で行います。 その一般投票が、本日スタートしました。投票は11月15日に締め切られ、集計されます。

 この賞は、コンテンツ主体のゲームソフトから、オンライン・サービスまで、広義の電子出版物を対象とし、サービス提供者に対して授与するものです。
昨年は、
    ネットワーク・コンテンツ賞 digital CAR GRAPHIC(二玄社)
    パッケージ・コンテンツ賞 旅の指さし会話帳シリーズ(エビデンス・ジャパン)
    オンライン・サービス賞 「OCLC NetLibrary」(OCLC/紀伊國屋書店)
    ベンチャー・マインド賞 「JapanKnowledge」(ネットアドバンス)
    デジタル・インフラ賞 「T-Time」(ボイジャー)
    アドバンスト・デバイス賞 Amazon Kindle(米国Amazon)
    ロングセラー賞 現代用語基礎知識CD-ROM(自由国民社)
    大賞 「JapanKnowledge」(ネットアドバンス)

 今年の候補作品は63点、以下の6ジャンルで構成され、その中から大賞1作品が選定されます。
   ネットワーク・コンテンツ賞  13作品
   オンライン・サービス賞  19作品
   ベンチャー・マインド賞  9作品
   デジタル・インフラ賞   9作品
   アドバンス・デバイス賞  8作品
   ロングセラー賞  5作品

 本日から投票がスタートし、以下のサイトから、ネットユーザであれば誰でも投票が行えます。
http://www.jepa.or.jp/award/award_vote.cgi
電子出版アワード投票スタート.doc
電子出版アワード投票スタート.doc
作成:下川 和男 2009.11.12 更新:2009.11.12
< 前の記事 | 次の記事 > | 最新10件を表示このページのTOPへ↑

このページのTOPへ↑