<<September 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

アクセス数:0000221455

2015年10月 (1) 2015年07月 (1) 2011年12月 (2) 2011年09月 (8) 2011年08月 (10) 2011年07月 (4) 2011年06月 (1) 2011年05月 (2) 2011年04月 (1) 2011年03月 (2) 2011年02月 (7) 2011年01月 (22) 2010年12月 (6) 2010年11月 (1) 2010年10月 (5) 2010年09月 (30) 2010年08月 (4) 2010年07月 (5) 2010年06月 (1) 2010年05月 (10) 2010年04月 (7) 2010年03月 (8) 2010年02月 (17) 2010年01月 (24) 2009年12月 (21) 2009年11月 (16) 2009年10月 (31) 2009年09月 (7) 2009年08月 (15) 2009年07月 (20) 2009年06月 (5) 2009年05月 (11) 2009年04月 (17) 2009年03月 (17) 2009年02月 (12) 2009年01月 (14) 2008年12月 (17) 2008年11月 (26) 2008年10月 (1) 2008年08月 (9) 2008年07月 (31) 2008年06月 (19) 2008年05月 (21) 2008年04月 (19) 2008年03月 (18) 2008年02月 (27) 2008年01月 (30) 2007年12月 (38) 2007年11月 (43) 2007年10月 (12) 2007年09月 (13) 2007年08月 (20) 2007年07月 (26) 2007年06月 (24) 2007年05月 (20) 2007年04月 (22) 2007年03月 (32) 2007年02月 (29) 2007年01月 (32) 2006年12月 (13) 2006年11月 (15) 2006年10月 (7) 2006年09月 (2) 2006年08月 (22) 2006年07月 (4) 2006年06月 (3) 2006年05月 (8) 2006年04月 (32) 2006年03月 (16) 2006年02月 (22) 2006年01月 (18) 2005年12月 (21) 2005年11月 (19) 2005年10月 (24) 2005年09月 (24) 2005年08月 (22) 2005年07月 (29) 2005年06月 (30) 2005年05月 (26) 2005年04月 (18) 2005年03月 (29) 2005年02月 (26) 2005年01月 (23) 2004年12月 (35) 2004年11月 (30) 2004年10月 (11) 2004年04月 (1) 2003年08月 (2) 2003年06月 (4) 1993年03月 (1)

eijyo
昨日、今日、齷齪
< 前の月 | 次の月 >
IMGP0715.JPG : 127,915byte : 800 x 600
IMGP0696.JPG : 117,606byte : 800 x 600
 今日と明日、三冊目の料理本の撮影。妻とソ先生は2日間で55品を作るので大忙し。出版社の方、編者の方、カメラマンなど、5年前から顔なじみ7人のチームで朝10時から夜8時まで撮影。写真は本日の料理と用意した器の一部。東都生協「さんぼんすぎ」で今回買った食材は以下の通り。〆て22,573円也。食材、数量、金額の順。じっと眺めると、どんな料理か想像できてしまうが・・・
 5年前に出版した「生姜と葱の本」は、先日15刷2000部増刷の連絡が届いた。25,000部くらい売れているようだ。

りんご(ふじ)(ツル割れ果込み) 1 399円
ネーブルオレンジ 1 417円
いちご(さちのか) 6 3,132円
有機しょうが 1 228円
なす3本 5 1,140円
沖縄産かぼちゃカット 2 596円
ピーマン 2 236円
いんげん 2 536円
グリーンアスパラ 2 596円
八千代牛乳 1 218円
産直たまご洗卵 1 238円
ほうれん草 2 316円
にんにくL1玉 10 1,980円
れんこん 1 298円
短大根 1 186円
新にんじん(洗い) 1 186円
ブルームきゅうり 3本 1 218円
徳用ブルームきゅうり 5本 1 338円
トマト 2 656円
ブロッコリー 1 218円
みず菜 1 138円
徳用玉ねぎ 6 1,788円
里いも 1 186円
さつまいも 1 238円
じゃがいも 1 198円
紀の国のしらす干し 1 568円
地鶏やさとしゃもササミ 2 900円
ロースハムスライス 鎌倉ハム 1 260円
八千代プレーンヨーグルト 1 220円
もめん豆腐  1 158円
手揚げ風油揚げ 2枚 1 173円
米酢  1 265円
マヨネーズ 1 250円
国産栗の含め煮(はちみつ仕上げ) 3 2,394円
みょうが 1 238円
作成:eijyo 2009.03.10

 川俣さんから興味深いメールをいただいた。10数年前に借りていた代々木のオフィスビルと現在の新宿のオフィスが古い川でつながっていたとのこと。以下の地図の緑の2か所。
http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20090218161311
 その後、川俣さんは実際にこのルートを歩かれた。
http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20090221133844
 「遺構」という言葉も、それをたどる趣味も初めて知った。たどる行為はsarumaruさんの鉄塔に似ている。
http://d.hatena.ne.jp/sarumaruhideki/
作成:eijyo 2009.02.26

oatari_iphone2.jpg : 18,537byte : 368 x 280
 年賀はがき当選番号チェックの「大当たり」、iPhone版を1週間ほどで開発し、当選番号の発表から5日遅れて、1月30日にApp Storeに掲載された。
http://www.est.co.jp/press/090130.htm
 今頃、App StoreのWhat's Hotに掲載され、少し鈍っていたダウンロード数が3倍にアップ。累計ダウンロード数も10000に迫っている。カスタマーレビューも、平均★★★★で上々。良い宣伝になった。

 この「大当たり」、Wikipediaにも掲載されており、とても認知度が高い。肝心の会社名は残念ながらWikipediaには載っていない。自社で書くことも簡単にできるが、社名も「大当たり」以上にブランド力を高めなければ・・・
作成:eijyo 2009.02.24

oatari.bmp : 35,882byte : 308 x 113
 今頃、大当たり(http://www.est.co.jp/oatari )で年賀状をチェック。
 年賀はがきを180枚いただき、3等の切手シートが6枚当たった。当たりかも?は17枚だったが、流石に2等、1等はナシ。
 しかし、切手シートの確率は50:1なので、確率は上々。これで今年の運勢を占っているが、「小吉」くらいか。

 当選番号は25日に発表され、大当たりサイトのカウンターは、担当のnaominさんのブログによれば、以下のように増加した。
1/6 14,054,825 デザインを年賀状バージョンに変更した
1/21 14,513,340 15日間で45万
1/25 9:30 14,674,747
   16:00 14,845,541 朝から170,794
   16:10 14,850,850 公開10分で5309
   17:00 14,885,015 公開50分で34,165
1/26 19:00 15,306,104 公開1日で45万アクセス
2/4 15,862,785     100万アクセス突破
2/21 16,160,028    現在のカウンター 130万人を突破
作成:eijyo 2009.02.21

 19:00から、徒歩5分のマイクロソフト社5階の会議室で、ソフト開発未来会議のオフ会。
http://www.developerscafe.jp/future/offline/index.html
 「どうなる!?日本のソフト開発 -経済危機、クラウドの登場でソフト開発はどう変わるか?-」という立派なタイトルなので、私で良いのかな?と思いつつパネラーとして参加した。
 20年来の友人である小川さんの司会進行で、2時間、世界不況、クラウドコンピューティング、Azure、これからのソフト開発などを話した。休憩時間には軽食とビールが出て、30分オーバーの21:30に終了。
 40名以上が参加され、数名と名刺交換させていただいたが、30代の若い人も60代の大企業OBもやる気十分。Azureという新しいプラットフォームでビジネスチャンスを狙っている。
作成:eijyo 2009.02.19

 19:00からトム佐藤さんの「マイクロソフト戦記」の出版記念パーティーで内幸町のワインバーへ。
ASIN:4106102986:detail
 100名近い参加だったが、当時の懐かしい顔ぶれは20名くらい。佐藤さんの交際範囲の広さで、熱海の芸者さんとか、自然食品の関係者とか多彩な顔ぶれ。
 旧MS系では川合さん、幸田さん、川俣さん、三ヶ野原さん、水上さんなど、10年ぶりの方とも話ができた。その前の世代である旧ASCII系では高橋さん、山下さん、服部さん。彼らとはAX協議会のOB会「AXオールデイズ」で毎年お会いしている。マスコミ系では服部さん、脇さんなどどお話しした。驚いたのはJEPAでご一緒している出版社のKさん。トム佐藤人脈ではなく、パーティーを主催したカメラマンの小平さんの友人とのこと。
 テレビの標準OS、大ヒット新聞ビュアーの内幕など興味深い話も聞くことができた。
作成:eijyo 2009.02.18

vaio typeP.jpg : 11,859byte : 200 x 150
 日経のVAIO×docomo全面広告、右上に小さく「手のひらに、明日をのせて」とあった。type Pは売れているが、大半のユーザがイーモバイル、KDDI、docomoなどの通信サービスと同時契約していると思うが、後出しで、本命デバイスが登場した。
http://answer.nttdocomo.co.jp/pocket/
 「差すか、入っているか」のちょっとした違いだが、Amazonのワンクリック同様、その差は大きい。WILLCOM D4に次ぐ快挙。ノートPCはすべて「フタを開けるとインターネット」であるべき。だからこそ、このジャンルのデバイスを「NetBook」と呼んでいる。

 「手のひらに、明日をのせて」というキャッチで、Type Pについての勝手な予測が現実味を増してきた。それは「実は画面にデジタイザ機能があり、Windows 7を入れるとタッチやジェスチャーが使える」というもの。
 当たるも八卦!
作成:eijyo 2009.02.17

dasubi.jpg : 28,608byte : 155 x 155
 ダスビのことを書くのは、2006年から連続4回。
http://bizpal.jp/eijyo/00663
http://bizpal.jp/eijyo/00988
http://bizpal.jp/eijyo/01458
 今回は待望の「森の歌」。一昨年、井上道義の日比谷公会堂ショスタコ・チクルスの番外編で聴いたが、今回は歌詞の政治的な改訂を元に戻した。
 そのラストはパンフレットによれば「レーニンの党に栄えあれ! 人民に永久に栄えあれ! 知恵部深きスターリンに栄えあれ! 栄えあれ!」スターリンの植林事業を推進する大政翼賛的な曲だが、その分、一般大衆には、わかりやすい。植林計画というプロジェクト名がついた、臨時合唱団も見事。
 森の歌でクタクタになったが、後半の10番はもっと密度が高く、レベルも高い演奏だった。ダスビにはショスタコ好きの職人さんが集まっているので、フルートもオーボエも団長さんのペットもティンパニーも小太鼓も職人そのもの。今回はクラリネットもショスタコの響きだった。森の歌の女性のティンパニーも良かった。
 最後に一句 『スターリンも、レーニンも、カスピ海まで植林だ』
作成:eijyo 2009.02.15

http://www.mobileworldcongress.com/
 来週、スペインバルセロナで開催されるが、Android Marketの有償化(即日開店!)とか、Windows Mobile6.5、SkyMarket、MyPhoneの発表など、ICT業界が騒がしくなりそう。
http://japan.internet.com/allnet/20090212/12.html
作成:eijyo 2009.02.13

jepa24.jpg : 9,949byte : 240 x 240
 JEPA(日本電子出版協会)が、1年がかりで制作した「電子出版クロニクル」のAmazonでの販売がスタートした。
http://www.amazon.co.jp/dp/4990440404/
 会員や関係者には配布したので、数百部を販売する予定。図書館にも置いてもらえそうな内容なので、増刷になるかも・・・ 目次は以下の通り。

刊行のことば
新たな志をもってメディアの大海原へ
思い出深い、1986年
旗揚げから
・黎明期~CD-ROM辞書の登場~1970年頃~1991年
電子出版前史
JEPAのあゆみ1986年~1991
CTSの夢
CD-ROMと和同開珎
電子広辞苑 誕生物語
EPWING発進
電子ブックと電子ブックコミッティの思い出
電子辞書事始
・花咲くマルチメディア時代 ~マルチメディア、そしてインターネット登場~ 1992年~1996年
JEPAのあゆみ 1992~1996
ボイジャーの挑戦
マルチメディアCD-ROM『LULU』
電子メール新聞からWebニュースへと続いた「Watch」
史上初の読書端末「デジタルブック」
電子書店ことはじめ
農と食の「ルーラル電子図書館」
・電子書籍へのアプローチ ~ネット開幕時代~ 1995年~2002年
JEPAのあゆみ 1997~2002
読み物電子化への挑戦
「やらなきゃ、やられる」
1999年、iモード辞書はじまる
外字問題の解決「今昔文字鏡」
「百科空間」構築とその社会的共有を目指すジャパンナレッジプロジェクト
・インターネット、ケータイの時代 ~どこでもいつでもオンライン~ 2003年~
JEPAのあゆみ 2003~2008
携帯電話向け総合電子書籍ビューア「BookSurfing」の歩み
オーディオブック市場の形成について
電子資産のデジタル化
自社開発による「看護医学電子辞書」
読書端末あれこれ
・資料編
紙の出版物の動き
電子辞書出荷の動き
インターネット普及の動き
電子書籍市場の動き
日本電子出版協会の紹介
作成:eijyo 2009.02.09

 この4デバイスとそのネーミングがどうも気になる。 TG1は東芝のスマートフォン。
http://www.gizmodo.jp/2008/12/iphoneandroidophone_1.html
http://www.htc.com/www/product/g1/specification.html
http://japanese.engadget.com/2009/02/03/4-1-wvga-1ghz-snapdragon-tg1/

 oPhoneはiPhoneモドキをAndroidで作ったわけだが、TG1というネーミングなのにWindows Mobile6.1を搭載! 秋になった日本語版Google Androidも搭載されるのかも?Toshiba Google Opus 1にとりあえずWindows Mobileを載せたとか・・・
 480×800はGood! iPhoneとG1はHVGAなので、画面の情報量は2.5倍。
作成:eijyo 2009.02.06

metabo.jpg : 20,691byte : 476 x 328
 3年ほど前、テルモさんとの打ち合わせで、インテルが主導するContinua Health Allianceという団体を知った。
http://www.continuaalliance.org/
 昨年、WDLCの会合でインテルの方と意気投合し「めた簿」という体重、血圧、歩数などの表示クライアントアプリケーションのプロトタイプを発表。以下の通り、メディアでも紹介された。
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20387553,00.htm
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090203/324118/
http://www.e-expo.net/news/2009/02/post_339.html
 プレスリリースは http://www.est.co.jp/press/090203.htm

 自主開発を行ったが、宣伝効果は上々。いくつか引き合いも頂いている。
 このソフト、Windows VistaのWPFアプリで、Expression Blendを使って開発。
http://www.microsoft.com/japan/products/expression/
 先日は、LiveIDとSilverlightとAzureを使ったソフト「Toripoto」を発表したが、最近、マイクロソフト社が喜びそうなことばかり、やっている。
作成:eijyo 2009.02.04

< 前の月 | 次の月 > | このページのTOPへ↑