<<September 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

アクセス数:0000221455

2015年10月 (1) 2015年07月 (1) 2011年12月 (2) 2011年09月 (8) 2011年08月 (10) 2011年07月 (4) 2011年06月 (1) 2011年05月 (2) 2011年04月 (1) 2011年03月 (2) 2011年02月 (7) 2011年01月 (22) 2010年12月 (6) 2010年11月 (1) 2010年10月 (5) 2010年09月 (30) 2010年08月 (4) 2010年07月 (5) 2010年06月 (1) 2010年05月 (10) 2010年04月 (7) 2010年03月 (8) 2010年02月 (17) 2010年01月 (24) 2009年12月 (21) 2009年11月 (16) 2009年10月 (31) 2009年09月 (7) 2009年08月 (15) 2009年07月 (20) 2009年06月 (5) 2009年05月 (11) 2009年04月 (17) 2009年03月 (17) 2009年02月 (12) 2009年01月 (14) 2008年12月 (17) 2008年11月 (26) 2008年10月 (1) 2008年08月 (9) 2008年07月 (31) 2008年06月 (19) 2008年05月 (21) 2008年04月 (19) 2008年03月 (18) 2008年02月 (27) 2008年01月 (30) 2007年12月 (38) 2007年11月 (43) 2007年10月 (12) 2007年09月 (13) 2007年08月 (20) 2007年07月 (26) 2007年06月 (24) 2007年05月 (20) 2007年04月 (22) 2007年03月 (32) 2007年02月 (29) 2007年01月 (32) 2006年12月 (13) 2006年11月 (15) 2006年10月 (7) 2006年09月 (2) 2006年08月 (22) 2006年07月 (4) 2006年06月 (3) 2006年05月 (8) 2006年04月 (32) 2006年03月 (16) 2006年02月 (22) 2006年01月 (18) 2005年12月 (21) 2005年11月 (19) 2005年10月 (24) 2005年09月 (24) 2005年08月 (22) 2005年07月 (29) 2005年06月 (30) 2005年05月 (26) 2005年04月 (18) 2005年03月 (29) 2005年02月 (26) 2005年01月 (23) 2004年12月 (35) 2004年11月 (30) 2004年10月 (11) 2004年04月 (1) 2003年08月 (2) 2003年06月 (4) 1993年03月 (1)

eijyo
昨日、今日、齷齪
< 前の月 | 次の月 >
emlogo.gif : 1,848byte : 85 x 53
 本日、http://bizpal.jp/eijyo/00974でご紹介した、em・oneが出荷され、新宿ヨドバシカメラ、有楽町ビッグカメラ、秋葉原ソフマップで出荷式が行われた。
 キャッチフレーズは「ケータイの新ケータイ」。電話機能が載っていないWindows Mobile PCをケータイと呼ぶには抵抗があるが、もうそんな時代なのかもしれない。
 携帯電話にデジタルカメラ、電子メール、Webブラウザー、アプリケーション、住所録などの機能が搭載され、「ケータイ」という新しいデバイスが日本で登場したのが2000年頃。そして、この度、肝心要の電話機能がないデバイスにも「ケータイ」という呼称が使われるようになった。

 先日、触ってみたが、下り3.6Mbpsは確かに早い。http://est.jpを見たが、横800ドットなのでピッタリ収まるし、右サイドのホイールでスクロールも簡単。ステレオ・スピーカーは付いているが、マイクなし。つまり、W-Zero3のように液晶面を頬にあてての通話は行えない。来年3月以降、マイク付きイヤフォンをセットして電話することになる。

 データ定額なので5,980円/月ポッキリ。ADSLの同時申込みで1,500円/月が0円になるキャンペーン中。現在、W-Zero3とYahoo!BBのADSLで合計10,000円以上払っているので、電話機能付きの次機種でも出たら検討するか・・・
作成:eijyo 2007.04.01

img097.jpg : 124,435byte : 480 x 640
 最近、東京タワーの横にある、機械振興会館(http://www.jspmi.or.jp/)にお邪魔する機会が多い。用件は2つ。データベース白書の編集と、「インターネットによるコンテンツ開発・流通及び技術開発促進事業」の案件である。
http://www.dpc.jipdec.jp/business/bosyuu18_kekka.htm

 都営大江戸線で新宿から赤羽橋まで乗り、東京タワーのお山をテクテク登る。豆腐料理の「うかい」を過ぎたあたりで、タワーを見上げたら、満開のさくらが飛び込んできたので、パチリ。
 おかげで、委員会にチョッと遅刻。
作成:eijyo 2007.04.03

sakura.jpg : 78,252byte : 200 x 249
 2001年に廃業したフェアモントホテルが、この時期、新聞の消息欄に「千鳥が淵の桜が咲きはじめました」と小さな広告を出していたが、東京の桜が咲き始めた。
 「桜前線」でググると、トップに登場するのは、るるぶの以下のサイト。デザインも秀逸。
http://www.rurubu.com/season/spring/sakura/
 このサイトと連携して、作ったのがhttp://est.jp/17/のガジェット。日本各地の最新の写真を見ることができる。

 桜前線については、以下のサイトも有名。
・ウェザーニュース http://weathernews.jp/sakura2007/
・日本気象協会 http://www.tenki.jp/skr/
 気象庁も含め、三つ巴の開花予想合戦だが、10日近い開きも。

 インターネット創成期の1996年に桜のサイトを作ったが、そのことは以下に書いた。
http://bizpal.jp/eijyo/00281
http://bizpal.jp/eijyo/00282
作成:eijyo 2007.03.31

firstcontact.JPG : 6,428byte : 153 x 125
 社内BizPalで、19日からFirst Contactという新しいブログをスタートさせた。名刺をいただいた方のメモを書いているが、8営業日で項目数が24、1日平均3名の方とお会いしている。
 1回の打ち合わせで3名とか5名ということもあるので、名刺は30枚くらい。
 このブログと野口先生の超整理法、時間順ファイリングを行えば、時間をかけずに顧客管理が行える。
 http://bizpal.jp/eijyo/01010 システム手帳の活用も順調。事務処理効率が格段に向上し、考えもまとめやすくなった。
作成:eijyo 2007.03.28

Gunze.bmp : 1,168,474byte : 753 x 517
 1年ほど前、渋谷セルリアンタワーの中華料理店で、長沖さん、竹田さんと「あいつら、馬鹿だな」と思われることをやりたいですね と話し合った。
 まだ、実現できないでいるが、最近、通勤電車の窓広告に「グンゼ パンツ検定」とあったので、早速、行ってみた。
http://www.pants-kentei.com/top.html
 全国ランキングが載っているが、まだ100問全問正解者は出ていない。
 子供のころ、ペプシの100問クイズがあり、週刊誌が正解をバラしたりで、大ブームを巻き起こしたが、あれはコーラとは無関係の難問珍問だった。唯一、覚えているのは、「上から読んでも、下から読んでも同じ名前の落語家は?」で正解は「三遊亭遊三」ともう一人いたと思う。
 パンツ検定、10問ほどやってみたが、なかなか難しい。

 この種の「このサイト馬鹿だな」企画、http://est.jpに、それに類したものが少し載っているが、いろいろ考えてみたい。
作成:eijyo 2007.03.28

lammy.jpg : 3,432byte : 400 x 45
 システム手帳のペンは、ドイツ製のLammy 4Penを使っている。4Penはその名の通り、3色のボールペンとシャープペンシルの合計4本がセットになっている。重力を利用し、上から見た色のペンが、ノックを押すと出てくる仕組みで、とてもドイツっぽい。写真の通り、デザインも太さもすばらしい。
 色を変え、鉛筆とボールペンを使い分けてシステム手帳に書き込んだ文字は、バイブルサイズの手帳30頁ほどになった。10数年ぶりに、毎日たくさん文字を書いている。
 しかし、このLammy、シャープペンの7mmの芯は良く折れるし、ボールペンは書き出しが霞む。ドイツ製なのにガッカリ。30年ほど間に購入したLammyの黒いカーボン素材のボールペンはとても良い書き味なのだが。

 書き味と書き出しならゼブラ!ということで、Webをいろいろ見ていたら、Lammy 4Penのボールペンは、ゼブラが提唱する4Cという仕様で、メーカの垣根を超えた互換性があるとのこと。しかもゼブラのサイトで80円で購入できる。切手での支払いも可能。とても親切なので、早速注文。
http://www.zebra.co.jp/pro/listkaesin_yuseiball.html
 Lammy純正なら300円(http://www.pensite.net/fountain/lamy/ref_lam.htm)だが、1/4の価格で、書き味は抜群。手帳が更に使いやすくなった。
作成:eijyo 2007.03.29

ukatama.jpg : 25,855byte : 170 x 223
 農山漁村文化協会という社団法人の出版社から「うかたま」という雑誌が出ている。「暮らしの手帳」(http://www.kurashi-no-techo.co.jp/)と、「クロワッサン」(http://croissant.magazine.co.jp/)の中間みたいな季刊誌で、創刊2年目に入った。
 第6号の特集は「草摘みにいこう」。草摘みなんて言葉を聞いたのは40年ぶりくらい? MS-IMEでは変換できない。ググったら10,500件。

 土手のツクシ、ヨモギ、タンポポを使った料理などが紹介されている。
http://ukatama.net/
作成:eijyo 2007.03.31

reymey5.gif : 4,139byte : 176 x 160
 http://bizpal.jp/eijyo/01010 のシステム手帳が大活躍している。中でも渡邊美樹さん考案の「夢に日付を」(http://www.raymay.co.jp/bungu/pickup/pickup_DYD2007)に入っている、5年計画リフィルが良かった。仕事・家庭・健康・趣味・教養・財産の6つの柱について、5年間の計画を書き込むものだが、会社の中期計画を売上/利益、環境、事業、株式などの分野で書くことにした。しかし、まだ2008年しか埋められないでいる。鉛筆書きなので消せるのだが、2009年、2010年を決めるのはとても難しい。
 これを年間計画に落とし込むリフィルも用意されており、何れも6穴バインダーに綴じる部分が耐久性を考えて固いビニール製。5年間使うので厚手の上質紙を使っており、このあたりもセンスが良い。
 このレイメイ藤井という会社、本社が熊本で、明治23年創業、年商351億円。デザインを重視しており興味深い。
http://www.raymay.co.jp/
作成:eijyo 2007.03.31

recruit2008.gif : 12,327byte : 230 x 180
 午後から3人の最終面接。志望動機とか略歴、技術スキルなどを聞き、質問もしてもらうわけだが、皆さん、3回目の面接なので、会社のことは理解していただいている。因みに、選考の流れは以下に掲載している。
http://www.est.co.jp/saiyou/career/recruit/index.html
 2名の方に入社していただくことにした。
 Uさんは、友人3名で会社を作っていたが2年で解消。ソフト開発のアルバイトを1年ほどしていたが、そろそろ就職しなければ、ということで、色々調べた結果、イーストに狙いを定めて応募したとのこと。ダメなら次ということで、他社はあたっていない。第一志望の動機は「古くて新しい」から。「先端と安定と」を異なる言葉にした、とても良い表現で気に入ってしまった。4月1日入社が決定。
 Tくんは出戻り。8年ほど前に退社し外資系の会社でエンジニアとして働いていた。給料は良いが毎日同じ仕事。「一生勤めたい」という言葉にコロリ。

 エンジニア不足が深刻なので、毎月、enジャパン(http://employment.en-japan.com/)を使って中途採用を行っている。毎月1、2名を採用。
作成:eijyo 2007.03.31

jfma.JPG : 6,339byte : 215 x 142
 昨晩の12ch、WBSでも大きく放送されたが、パシフィコ横浜で、JFMA Forum 2007(ファシリティー・マネージメント・フォーラム)が開催されている。
http://www.jfma.or.jp/FORUM2007/
 ここの事務局長さんとビジネスショウ(http://bs.noma.or.jp/)の委員会で一緒になり、講演を依頼された。16:30スタートだが、余裕をみて14:45に会社を出て、15:15新宿発の湘南ライナーで横浜へ。みなとみらい線(http://www.mm21railway.co.jp/)に乗り換えて16:00ちょうどに到着。みなとみらい線に乗るのも、みなとみらい駅で下車するのも初めて。シラーの詩が書かれた大きな石碑風のモニュメントに先ずビックリ!
http://tetralog.mydns.jp:8080/mt/archives/2004/12/post_80.html
 立派な回廊を5分ほど歩くとパシフィコ横浜(http://www.pacifico.co.jp/)。ここの303会議室で、「DOS、WindowsそしてWeb2.0」といういつもの講義を50分間行った。その後、懇親会。
 帰りは、東急の急行列車に乗り、中目黒から地下鉄かな?と思っていたら、武蔵小杉駅で、向かいのホームに西高島平行きの電車が止まっていたので、飛び乗って帰宅。35年前、田園都市線の沿線に住んでいたが「地下鉄=中目黒」が刷り込まれている。

 因みに、WBSの報道で興味深かったのは、第1回日本ファシリティー・マネージメント大賞を受賞したアクセンチュアのフリーオフィス。ノートパソコンを使った小さな仕事スペース、電話ボックス、ファミレス風の会議スペースなど、スペース効率の高い職場環境が作られていた。
作成:eijyo 2007.03.22

Mashup.gif : 16,623byte : 468 x 60
 夕方から、新橋のリクルート本社へ。サンマイクロシステムズとリクルートが共同開催する、Mash up Awardの表彰式に参加。
http://jp.sun.com/mashupaward/
http://bic.recruit.co.jp/mashupaward/results.html 【03/22追記】
http://www.atmarkit.co.jp/news/200703/22/mashup.html 【03/22追記】

 応募作品は108件で前回の倍に増加。前日まで30数件だったのが、最後の日に続々と応募メールが届き、事務局はてんてこ舞いだったとのこと。以下の3サービスを提供したが、108件中26件に採用していただいた。
http://www.btonic.com/ws/
http://www.railgo.jp/guide.html
http://www.postan.jp/postanws.htm

 協力企業と受賞者、マスコミ関係者など、200名近い参加で、授賞式の後のパーティーは大いに盛り上がった。イースト賞は 「単語カードツクール」
http://www.tankyu.com/tango/
 上記BTONICの英和、和英、ウィキペディアを上手に使った単語帳作成ソフトで、作者は岡山の方で、全くの素人。専攻は考古学で仕事も異なる。独学で様々なソフトを作られている。彼は、GREE賞も受賞したので、10万円をGet! 交通費は事務局が出してくれたとのこと。
 最優秀賞の50万円を手にしたのは、北海道の方。RailGoを使っていただいた。
作成:eijyo 2007.03.21

BlackAngels.jpg : 13,537byte : 236 x 233
 10chで世界水泳のシンクロナイズド・スイミングを連日放映している。
http://www.tv-asahi.co.jp/w-swim2007/ 
 先日、中国のデュオの演技で「ブラック・エンジェル」とテロップに曲名が表示された。聞こえてきたのは、狂気に満ちたショスタコーヴィッチの弦楽四重奏曲第8番の第2楽章だった。
 なぜ、こんな妙なタイトルが付いたのか調べてみたら、1996年クロノスカルテット(http://www.kronosquartet.org/)が同名のアルバムを発表し、そのラストに8番が入っている。それで、この曲が「ブラック・エンジェル」なってしまったようだが、明らかに間違い。George Crumb作曲の「Black Angels」という曲が先頭に入っているが、ショスタコの8番とは別ものである。

 のだめカンタービレでも、神聖なベートヴェンの7番をショーアップして演奏していたが、クラシックブームが広がる中、このようなデフォルメや間違いは、止めていただきたい。
 それにしても、この8番の第2楽章や、シューベルトの弦楽四重奏曲 第14番「死と乙女」第2楽章の第2主題など、なぜ、こんなメロディーが作れるのか、サッパリ判らない。

PS 本件ググったら、Yahoo!ブログで「バイオリンちゃーん」と「ゆり」さんが唯一、指摘されていた。
http://blogs.yahoo.co.jp/lily1971lily/29809131.html
作成:eijyo 2007.03.22

Davinci.jpg : 73,716byte : 660 x 450
 ノートPC ThinkPad T60と複合携帯電話W-Zero3を持ち歩いているが、どうも仕事の効率が上がらない。W-Zero3は、当初の目的に反して、予定表とタマの電話にしか使っていない。メールはスパムが多くて使えないし、WebもVGAでは見づらい。
 最近、前田さん、岡部さんのスリムなシステム手帳を拝見して、欲しくなってしまい、以下を比較検討した。
・元祖システム手帳のFilofax http://www.filofax.jp/
・能率協会のBindex http://bt.jmam.co.jp/bizstyle/im/bindex.html
・ノックス・ブレイン http://www.rakuten.co.jp/knox/391247/
・ダヴィンチ http://www.raymay.co.jp/davinci/
 実際に神保町の三省堂書店「自遊時間」店であれこれ触ってみた。
 バイブルサイズで注意しなければならないのは、高さ170mmは同じだが、幅が標準の95mmと、80mmのNarrowまたはSlimと呼ばれる2サイズがあることも判った。
 リング径は、最小の8mmから10、11、12、15、16、18、19、20、25、30mmと様々。
 システム手帳が流行ったのは20年近く前で、当時、A5判の能率手帳から同じサイズのBindexに切り替えて数年使ったが、ノートPCを持ち歩くようになって以来、手帳は使っていない。

 先々週、熊本に本社を置くレイメイ藤井のダヴィンチ・シリーズの上位ブランド「ダヴィンチ・グランデ」の8mmバイブルサイズを購入。購入の決め手は、革の手触りと裏表紙の形状(名刺やカードを入れたい)そして、ペン挿しのサイズ。可動式になっており、太めのLammy 4Penを挿すことができる。主にToDoで使っているが、とても仕事がはかどっている。
作成:eijyo 2007.03.19

img062.jpg : 55,876byte : 480 x 640
 年明けから地下鉄の駅にPasmoのパンフレットが並んでいた。右の写真は当時のシール。今は、はがされて、利用可能になっている。
http://www.pasmo.co.jp/
 Pasmoは、JR東日本 Suica(http://www.jreast.co.jp/suica/)と同じ非接触型のICカードで、地下鉄だけではなく、現在Passnet(http://www.railfan.ne.jp/passnet/)が使える民営鉄道やバスでも利用可能で、その上、Suicaとの相互乗り入れも実現させている。
 Pasmoは、PASSNETの「PAS」と「もっと」の意味を表す「MORE」の頭文字「MO」を組み合わせたもの。SuicaはSuper Urban Intelligent CArd、JR西日本のicocaは、IC Operating CArdの略とのこと。
 この非接触技術はSONYが開発したもので、全日空のEdyカード(http://www.edy.jp/)も同じ技術。
 SuicaとPasmoを重ねておくと、ちゃんと近い方のカードから決済してくれるか? 品川駅のように、JRと私鉄が交錯する改札口で、2つ重ねたカードからダブル決済をしてくれるか?など実験してみたくなる。その内、誰かのブログに載ると思うが・・・ 後者が可能ならエクセレント!

 今、私は都営地下鉄の定期券とPassnet、バスカードそしてSuicaの4枚のカードを所有しているが、これが、Pasmo定期券1枚に統合できる。Pasmo定期券への交換は無料、Suicaの残額清算手数料は210円だが、デポジットの500円は戻る。都バスのカードなどあまり使わないが、年内には1枚に出来そうだ。

 膨大なトランザクション・データが飛び交うことになるが パスモという会社の実態は、巨大なサーバなのだろうか。システム構成図など見てみたい。
作成:eijyo 2007.03.18

img076.jpg : 118,255byte : 640 x 480
 辞書のデジタル化、CD-ROM化の先駆者、西川さんが昨年3月に75歳で亡くなった。本日、電子出版の関係者でお墓参り。
 京王線の千歳烏山で3時に待ち合わせ、お寺通りへ。ここは、関東大震災の際、多くのお寺が移転してきた場所で、以下の石材店のサイトの通り30近いお寺が並んでいる。
http://www.ohkubo-sekizai.co.jp/jiin/jiin.html
 東口商店街を10分ほど歩くと、お寺通りになるが、1つ1つのお寺の敷地が広く、とても立派で甍を競っている。西川さんの菩提寺は存明寺(ぞんみょうじ)。桜が美しいとあったが、気象庁の開花予想が、この10日間の寒さで18日から23日変更になり、まだ固い蕾だった。

 お墓の前で、西川さんの思い出や最近の電子辞書、電子出版の状況などをご報告した後、駅の近くの「福満楼」という台湾料理店へ。9人で円卓を囲み、西川さんのお酒も置いて宴会。とても美味しく低料金の店だった。

 西川さんは日本酒が大好きで、電子ブックコミッティー(http://www.syuppan.net/mura_HP/inf/inf_39.html)の幹事会では、終了後、毎月宴会!20人以上のメンバーでどの酒を飲むか、店の一升瓶を吟味される姿が忘れられない。夏の合宿には、マイ包丁、マイ下し金持参で参加され、料理もお得意だった。そして、もちろん一升瓶が何本も空になった。
作成:eijyo 2007.03.18

TimesReader.JPG : 62,968byte : 697 x 509
 昨日の続きだが、Times Readerの噂を聞き、ダウンロードしたのは昨年11月9日午後3時頃だった。なぜ、正確に覚えているかといえば、トップニュースが「ラムズフェルド国防長官更迭」だったからである。
 帰宅したら、夕刊にNew York Timesの報道として、このニュースが載っていた。ニュースソースが読めるし、World→US→NewYorkと地域ニュースが読めたり、Businessのジャンルでは会社名が株価情報にリンクされており、NewYorkの最新ArtやFashionも見ることができる。

 27日まで、時間も少ないが、以下からダウンロードできる。
http://firstlook.nytimes.com/index.php?cat=4
 右の画面は、ダウンロード中の待ち画面。読書端末風のWindowsPCで、電子新聞を読む絵柄である。Windows Vista限定ではなく、Windows XP SP2の場合、.NET Framework3.0をダウンロードすれば使えるが、3.0は自動ダウンロードされるので便利である。

 また、Times Readerに関する記事は以下の通り。有料化は大きなニュースなのだが、報じたのはITメディアだけ!
http://akihitok.typepad.jp/blog/2006/09/times_reader__87ff.html
http://www.jiten.com/dicmi/docs/t/26344s.htm
http://www.forest.impress.co.jp/article/2007/02/20/timesreader.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/16/news019.html
作成:eijyo 2007.03.16

timesreader2.JPG : 72,404byte : 800 x 568
 今朝「英語のメールはスパム!」ということで、うっかり、New York Timesからのメールを消そうとした。以下の通りとても重要なメールだった。右の写真は、本日、Times Readerの起動時に表示された、同じ内容の通知文。

 βテスターの皆さん、ありがとうございました。Times Readerは3月27日から有料になります。毎月14.95ドル、年間契約だと165ドル(約2万円)。紙の新聞を取っている人は無料。

 てっきり、無料サービスを続けるものだと思っていたが、同じようなビューアをForbes(http://www.forbes.com/)、Hearst(http://www.hearstcorp.com/)、United Newspapersなども発表し、市場の独占が難しくなったのかもしれない。無料の広告モデルは、10万、100万という単位で、ユーザを確保しなければ難しい。
 このソフト、昨日ご紹介したUltimate!版で、とても興味を持っており、Xamler(http://bizpal.jp/eijyo/00948)も、Times Readerを目標に機能強化を行っている。
作成:eijyo 2007.03.15

 WPF(Windows Presentation Foundation)やASP.NET AJAXを調べていたら、マイクロソフトの面白いPowerPointを見つけた。

 Good Experience = ブラウザー+ASP.NET AJAX
 Great Experience = ブラウザー+WPF/E
 Ultimate Experience = Windows Vista (.NET Framework 3.0)

 マイクロソフトがこう言いたいのは良く判る。現実問題として、そうなるかどうかが問題。Googlers PC(Googler's PC http://bizpal.jp/eijyo/00794)のような議論もあるし・・・
作成:eijyo 2007.03.14

img072.jpg : 70,633byte : 640 x 480
 年末に、妻のキーケースを無くしてしまい、ずっと探していた。
 その日、神奈川県の中川、東名、首都高速、本郷、東大病院と車で移動したので、数ヶ所に問い合わせたが見つからず、飯田橋の遺失物センターには何回電話しても話し中なので、そのままになっていた。
 妻が飯田橋に電話したら、来てくれとのことで、小石川税務署に行くついでに寄ってみたら、あっけなく見つかった。日にちと場所がキーワードとなっており、自動倉庫からコンテナが運ばれてくる。その中にゴールドファイルの薄茶色のキーケースがしっかり入っていた。

 東大の駐車場で落とし、数日後に本富士警察署に届き、1ヶ月後に飯田橋に届いたとのこと。東大の駐車場や病院、管理部門などに何度か電話したが、ないとの事だった。小銭入れと同じチャック式なので、キーケースだと判らなかったのかも知れない。
 自宅と職場の鍵が合計10個くらい入っており、自宅の鍵を変えなければ と思っていたので助かった。
 拾った人に悪いと思い、探したが、どなたに拾って頂いたかは、判らなかった。鍵なら、誰でも届けてくれるハズだが、飯田橋の担当者からは、「見つかるのは珍しい」とのこと。
作成:eijyo 2007.03.14

kakutei.JPG : 149,958byte : 660 x 656
 15日が締め切りなので、昨日、慌てて確定申告の計算。「確定申告 Excel」で検索したら、Vectorの「やるぞ確定申告2007」(http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se311457.html)が見つかったが、1980円なのでパス。無料のExcelファイルを探したら、「確定申告書B Excel版 (平成18年分申告用)」(http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se229938.html)にたどり着いた。 
 VBAは使わず、Excelのフォームを駆使しており、基本フォーム、所得金額、控除金額のシートに必要事項を入力すると、第1表、第2表が自動生成される。しかも見事にレイアウトされており、写真の通り、カラー印刷すれば、そのまま提出できる。入力シートにサンプルの値が入っているので、それを削除や修正しなけれならない。ウッカリすると税金をたくさん払う破目になる。
 妻は申請書Aだったので、VBAを使った他のソフトで一旦作ったが、このソフトは申告書に転記しなければならないし、ファイル名のりネームもできなかったので、上記のBソフトで作りなおした。
 この間、試行錯誤も含め、6時間くらいで申告書2通が完成。必要経費や医療費の伝票整理に時間がかかるが、それを除けば、来年は30分で申告書が作れそう。

 確定申告は会計士の方に毎年お願いしていたので、自分でヤルのは久し振り。このソフトの作者さとうこうじさん(http://www2s.biglobe.ne.jp/~m_m_c/)に感謝。相当のExcel使いである。
作成:eijyo 2007.03.13

 午前中、小雨の中、赤坂プリンスホテルへ。経済産業省のドリームゲート「大挑戦者祭2007」(http://www.dreamgate.gr.jp/summit/)に参加。Wikipedia創始者ジミー・ウェールズ(Jimmy Wales)さんが来日とのことで、見に行ったのだが、ターミネータのテーマと共に、賑々しく登場したにも関わらず、15分ほどのインタビューであっけなく終了。しかし、以下の通り、興味深い話を聴くことができた。
・125ヶ国語、全体で500万項目、寄稿者2000~3000人
・信頼性では弱いが、即時性、包括性に富んでいる。
・「情報の赤十字」的に、将来に渡って非営利で運営する。
・単純に「人を助けたい」という思いやりの気持ちで作った。
・営利団体のhttp://www.wikia.com/では、検索エンジンのアルゴリズムを公開し、透明で公共性の高いサービスを提供する。

 最近の彼の記事も拾い読み。
http://jp.ibtimes.com/article/technology/070308/5002.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/09/news033.html
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2007/01/18/605

 午後からの中国の検索最大手、「百度」(http://www.baidu.com/)李 彦宏さんの話も聞きたかったが、別件があり、30分ほどで会場を出た。隣接の展示会場のマイクロソフト・ブースにSさんが居たので、いくつかの案件について立ち話。Windows Vistaロゴ付きの、さくまのドロップをいただいた。
作成:eijyo 2007.03.13

tanita.gif : 3,515byte : 253 x 74
 来年度、医療制度が改革され、メタボ対策で腹囲(ベルトの長さ)計測が義務化される。
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2006/08/004201.php
 「メタボリックシンドローム」は、昨年、新語流行語大賞を受賞したが、日本内科学会など8学会が合同で、内臓脂肪型肥満、高血糖、高血圧、高脂血症 などの 基準値を発表し、予防医療の重要性をアピールした。

 昨晩の12ch WBSを見ていたら、体重計メーカー タニタが「モニタリング・ユア・ヘルス(MYH)」という体重計の測定値をUSBメモリを使い、PCを経由してWebサイトに上げ、診断してもらうサービスを発表したとのこと。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070308/264309/
 Nike+(http://www.apple.com/jp/ipod/nike/)が発表された際、「次は何処だろう、TANITAかな」と思ったが、その通り。しかし、「モニタリング・ユア・ヘルス(MYH)」はイマイチ、もっとスマートに、TANITA+またはTANITA2.0で良いと思うのだが・・・ 2009年には会員数45万人、売上高50億円を目指すとのこと。メタボ対策の市場規模が2兆円から3兆6千億円に膨らむので予防医療分野への企業の参入が相次いでいる。
 WBSでは、富士通がベストライフ・プロモーションという会社を設立し(http://pr.fujitsu.com/jp/news/2007/02/15.html)、従業員とその家族30万人の医療情報を収集、分析、個人の情報をインターネットで見ることができるサービスも紹介された。日記機能もあり、ブログ的、SNS的である。
作成:eijyo 2007.03.09

dena.gif : 1,513byte : 112 x 40
 昨晩、日比谷の東京商工会議所のセミナーへ。前半が東京証券取引所、後半が日本M&Aセンター(http://www.nihon-ma.co.jp/)分林社長の講演。昨年上場した、中小企業のM&Aを専業とする会社で、オリベッティー出身。日経の今年活躍が期待される新興企業評価14点で第2位、30点でダントツ1位が「DeNA」とのこと。

 帰宅したら、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」にそのDeNAを率いる南場さんが出ていた。
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/070308/
 「大黒柱だから、抜く」、「苦しい時こそ、前のめりであれ」など挑発的な言葉が続く。売上目標1000億円とのことだが、現在の売り上げを見ようとhttp://www.dena.ne.jp/にアクセスしたが、集中していて繋がらなかった。このサイト、先端ベンチャー企業にしては珍しいMovable Typeを使ったシンプルな作り。2006年度(予測)は売上128億円、経常利益37.5億円で、売上も利益も毎年倍々で伸びている。社員200名。以下のケータサイトのアクセス数は、毎日2億ページビュー!

 ケータイ ゲーム+SNS「モバゲータウン」http://www.mbga.jp/
 ケータイ オークション「モバオク」http://www.mbok.jp/
 オークション&ショッピング「ビッターズ」http://www.bidders.co.jp/
作成:eijyo 2007.03.09

maruzen.jpg : 5,781byte : 170 x 55
 高島屋の前にある丸善日本橋店が、明日リニューアルオープンするが、それに先立ち、披露というか内覧会があり参加した。2004年9月の東京駅オアゾ内(http://www.oazo.jp/)の丸の内本店開業時にもお招きいただき、立派な封筒と便箋をいただいた。
 日本橋店には何度かhttp://www.grovemusic.jp/ の打ち合わせで伺った。確か、6階から上がオフィスになっていた。以前は、衣類なども置いてあったが、今回のリニューアルで、地下1階から3階までに、書籍が中心の品ぞろえとなっている。1階の一部と地下1階で文具などを売っており、オリジナルのステッキやネクタイもある。日本で唯一の馬具メーカー、ソメスサドル(http://www.somes.co.jp/) の革製品など、珍しい商品も多い。万年筆も10万円以上。
 iioさんの「クラシックBook」(http://bizpal.jp/eijyo/00983)は小学館、魅惑のオペラ(http://www.shogakukan.co.jp/operadvd/) と並んで音楽の棚に7列、文庫棚には5列、合計12列も平台よりも露出度が高い、目線と同じ高さの斜め棚に並んでいた。

 丸善(http://www.maruzen.co.jp/)は、明治2年の創業で、日本最古の株式会社である。因みに、三井物産は明治9年、日本郵船は明治18年の創業。創業者の早矢仕有的さんがハヤシライスを発明したとの説があり、3階のカフェが今日はビュッフェ形式になっていたので、ハヤシライスをいただきたかったが、何となく遠慮して素通り。
作成:eijyo 2007.03.08

ajax.bmp : 35,138byte : 260 x 131
 13:00からマイクロソフトのエヴァンジェリストの方に講師をお願いして、ASP.NET Ajaxの社内セミナーを開催した。
 WWWの生みの親ティム・バーナーズ・リーが「Web2.0で技術的に新鮮なのはAjaxだけ」と言ったとの噂を聞いたが、そのAjaxにマイクロソフトが様々な付加価値を加えている。コードネームをAtlasと呼んだが、その頃から前評判は高く、数件、これを使ったプロジェクト受注している。客先要望で探していた「ブラウザー上でオブジェクトをドラッグ&ドロップする機能」もオプションのライブラリに入っているようだ。
 我社にはピッタリの講師の方で、説明は30分だけ、後の90分は実際にコードを書きながらの解説で、40名以上の社員が熱心にメモを取りながら聴いていたが、私はチンプンカンプン。
 http://ajax.asp.net/に膨大な情報が入っているが、ジェイソンと言われてもホラー映画以外思い浮かばないし、パーソナライズと言われても深夜ラジオの人か?程度。

 昨年、11月から12月にかけて、このようなセミナーを4回と、特別に依頼したWindows Live、そしてExpressionの合計6回の社内セミナーを行い、その成果がhttp://est.jpとなっている。ここにAjax系のサービスは載っていないが、4月頃にはボチボチ、何か作ってもらう予定。
作成:eijyo 2007.03.07

 土曜日、実家でNHK総合「ようこそ先輩」を観ていたら、末永蒼生さんが画面に出てきた。何となく聞いた名前だなと考えたら、学生時代、彼のピッピー・アート系のタブロイド紙を定期購読していたことを思い出した。誌名を知ろうと、10分ほどググったら「PEAK」が出てきた。たぶん、これ。
 サンフランシスコのピッピー・ムーブメント、フラワー・ムーブメントに影響されたポップ・アートの新聞だったと思う。1971年、大陸書房から「ウルトラ・トリップ―長髪世代の証言! 」という本になったようだが、もちろんこれも絶版。

 末永さん、現在、「ハート&カラー」という色彩心理学を使った、子供の心と能力を育てるアート活動をされており、母校、長崎市立諏訪小学校での「絵で心の掃除をしてスッキリしよう!」という授業だったが、子供の内面が絵に表れて、良い授業を拝見した。
http://www.heart-color.com/

 「課外授業 ようこそ先輩」(http://www.nhk.or.jp/kagaijugyou/)、ごくたまにしか見ないが、ハッとする授業に出くわすことがある。その時は、子供たちの眼も輝いている。
作成:eijyo 2007.03.06

digitgen.jpg : 22,556byte : 460 x 280
 1ヶ月ほど前から、頻繁にテレビCMを見るのでググってみたら、2番目に出てきた。
http://www.digitgen.com/
 レントゲンをデジタルで表示するディスプレイ装置かと思ったら入力装置だった。確かにデジタルで入力しなければ、表示もできない。数年前、蘇先生(http://bizpal.jp/eijyo/00126)が、中国ではレントゲン写真をパソコンで見ていると話されていたが、カメラもデジカメに代わったので、レントゲンもそろそろ。

 ドイツ、ロマンチック街道を走る観光バスに乗ると、起点の街ヴュルツブルクで「ここがレントゲン博士の研究室です」と紹介される。1895年にX線を発見し、第1回ノーベル物理学賞を受賞されたとのこと。それから112年、デジタル化の波が訪れている。
 ヴュルツブルク(http://www.wuerzburg.de/)はフランケンワインの産地、近くにもう一ヶ所、ワインで有名な街がマインツ(http://www.ks22.com/d/mainz/mainz.htm)
 ここで1447年に発明されたグーテンベルグの印刷術は、葡萄搾り機(Press)にヒントを得て考案されたが、こちらのデジタル化は、560年を経た今、iLiadやTimes Readerで、ゆっくりだが着実に進んでいる。
作成:eijyo 2007.03.05

dasubi.jpg : 28,608byte : 155 x 155
 帰ったら、東京も初夏の天気。午後からダスビ(http://www.dasubi.org/)の演奏会へ。池袋の東京芸術劇場は、左ウィングの2階LB DEFG列の内側がマイ・ベスト・シートなので今回はD-4を確保。
 鈴木都知事が作ったバブリーな都庁、江戸東京博物館、東京芸術劇場、共に背が高い。博物館や劇場に入るのに、なぜ長いエスカレータを登らなければならないのか理解に苦しむ。建築費を倍かけたかったのだろうか。

 昨年、http://bizpal.jp/eijyo/00663に川柳もどきを書きファンメールを出したせいか、アンケート用紙に、俳句か短歌を・・・と書いてあったので、3句ひねってみた。

・1曲目は、映画『ピロゴフ ~先駆者の道~』の音楽による組曲 作品76a
 予習できなかったが、クラリネットから始まるワルツが良かった。そこで
 『春の陽気 クラのワルツに 心で踊る』

・2曲目は、ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 作品77
 独奏はモルゴーア弦楽四重奏団の荒井英治さん。ショスタコ弾きでは定評があるが、3楽章のカデンツアがものすごい迫力で、会場の8割を埋めた約1600名の聴衆に加えて、オケのメンバーが熱心に聴き入っていたので
 『オケも一緒に 息を飲み込む カデンツア』

・3曲目は、交響曲第15番 イ長調 作品141
 iioさんの本(http://bizpal.jp/eijyo/00983)に、交響曲は9番までという定説を、ショスタコは名曲10番で打破し15番まで書いたとあったが、この曲は1971年に発表された。つい最近である。ショスタコには、木琴がこだまし、ペットが突き抜け、小太鼓が舞うクライマックスを期待しがちだが、この曲では、そのような過去の片鱗が一瞬見えただけだった。
 第1楽章で、ウィリアムテル序曲が引用されている。1960年代にヒットした米国のテレビ「ローンレンジャー」のテーマ曲として有名である。第4楽章の最後は、ユニークなチェレスタの響きの後に、8名のパーカッションが「チャカポコ、チャカポコ」と鳴り、最後に「ご臨終です」チーンで締め括っている。そこで
 『ラストの首尾は ローンレンジャーと チャカポコ チャカポコ チーン』(大きく字余り)
作成:eijyo 2007.03.04

PICT0324.JPG : 67,096byte : 800 x 600
 昼の便で帰京したが、金曜日、土曜日と佐賀は気温20度を超え、コートもブレザーも不要。昨日は小さなママチャリで市内をブラブラ。相変わらず、市内は閑散。閉店が更に広がり、空洞化が進んでいる。大橋うなぎ店では小学校で一緒だった大橋君を、田中石材店では中学、高校の同級生田中君をみかけた。

 空港近くのイオン・スーパーセンター(http://www.aeon-kyushu.info/cgi-bin/jusco_d07.cgi)まで行ったので、2時間以上、街や田舎道を自転車でブラブラ。小学校4年で自転車を買ってもらい、それからの数年、知らない道を自転車で走るのが好きだった。今回も知らない路地や畦道を走った。「♪♪田舎の白い畦道で♪♪」は、はっぴいえんど「夏なんです」の歌い出しだが、初夏のような陽気。
 佐賀は自転車一台で済む街だったが、北に高速道路、南に空港、そしてバイパスが出来て街が広がってしまい、軽自動車がないと住めない街になってしまった。
 クリーク&リバーという会社があるが、佐賀平野には掘割や小川がたくさんあり、それを眺めながらの自転車は最高に気持ちがいい。
作成:eijyo 2007.03.04

PICT0316.JPG : 83,266byte : 800 x 600
 街をブラブラしていたら、筒井ガンコ堂さんの「佐賀ん味」というパンフレットを見つけた。ガンコ堂さんは、雑誌「太陽」の元編集者で、平凡社の方から、お名前は聞いていた。JR九州の車内誌「Please」の九州美味いもの巡りの連載は有名で、以下のサイトに掲載れている。
http://www.atkyushu.com/InfoApp?LISTID=105&PGE=1&IFC=10

 「佐賀ん味」には、以下の12店が掲載されている。1と5以外はB級グルメに近い店で、1、4、10、11には行ったことがあり、6は常連。今回10、11、7に行った。
1.季楽(きら)
http://www.saganet.ne.jp/jasaga/kira/kira_top.html
2.珈茗爾(かなじ)
http://gourmet.yahoo.co.jp/0006091146/M0041000133/
3.しるこ一平
http://www.saga-town.com/review/sx011671
4.白山文雅(しらやま・ぶんが)
http://gourmet.yahoo.co.jp/0006713191/M0041000339/
5.あけぼの
http://www.ake-s.com/ryouri.html
6.ぎょうざ屋
http://www.saga-town.com/review/sx011899/
7.春駒
http://ameblo.jp/spiralabyss/entry-10001758005.html
 皿うどん【写真】は麺がうっすら焼いてあり、シンプルな具もスープも美味しい。長崎や東京では揚げた細麺だが、佐賀はちゃんぽんと同じ茹麺を使う。洗練されてはいないが、戦前からの田舎の味を守っているように感じた。客はほとんどが皿うどんで、時々ちゃんぽん。お婆さんがポツンと肉うどんを食べていたが、細麺で美味しそうだった。
8.おひさま
http://www.kinomama.jp/shop/search/2006/10/post_119.html
9.若柳食堂
http://gourmet.yahoo.co.jp/0006089176/0008771432/ktop/
10.一休軒
http://r.tabelog.com/saga/rstdtl/41000010/
 博多ラーメンよりも太い麺で替え玉もない。豚の臭みも多少残っており、まさに田舎の味。
11.鶴乃堂
http://minkara.carview.co.jp/userid/157917/spot/67829/
 小ぶりの肉まん120円はちょっと高いが、具がたくさん入っている。皮はとても柔らかく、2、3個ペロリと食べられる。90円の甘酒まんじゅうも美味。
12.いっせい
http://r.tabelog.com/saga/rstdtl/41000011/

 次回は9、12など行ってみたい。帰省する楽しみが増えた。
作成:eijyo 2007.03.04

PICT0299.JPG : 74,262byte : 800 x 600
 早朝の便で佐賀に帰った。SKIPというチケットレスを使ってみたが、手荷物検査と搭乗口の2回、Edy機能付きのANAカードをかざすだけ。物がないので、ちょっと不安になる。通常より南の飛行ルートのようで、阿蘇山の大パノラマとまさに火が出ている火口、そして八代、水俣、島原などを眺めながら有明海を北上し、10時前に過ぎに佐賀空港に到着。

 午後から県庁を訪問。巨大なロビーに初めて入ったが、酒井田柿右衛門(http://www.umakato.jp/waza/artist/artist28.html、写真)と今泉今右衛門(http://www.imaemon.co.jp/)の大きな陶板がすばらしい。
 新産業課という企業誘致の部署と打ち合わせを行ったが、UJIターン希望者向けに「さがしごとネット」(https://www.saga-shigoto.jp/)を立ち上げ、仕事を希望する個人と企業のマッチングサービスを行っている。またJavaやWebアプリ開発の講習会(半年間)を開催するなど、IT技術者の育成にも力を入れている。
 産業支援センター(http://www.infosaga.or.jp/)という、県内企業育成サイトもある。

 田舎暮らしを希望する人のために、「ネクストステージを佐賀で」というキーワードで、http://nextstage-saga.net/ が立ち上がっており、専任のアドバイザーが対応してくれる。また、面接のための交通費、宿泊費の半分を助成したり、住宅や田舎物件の斡旋や仲介、創業資金の半額(上限300万円)を補助、ネットワークインフラへの補助など、金銭面での支援も多い。

 優秀な人材が確保できるのであれば、東京一極集中でソフト開発を行う必要はないので、検討したい。
作成:eijyo 2007.03.04

windingroad.jpg : 49,573byte : 200 x 165
 本日、13:00にプレスリリースを配信。
http://www.est.co.jp/press/070301.htm
 Vistaのサイドバー・ガジェット1本、Windows Live(http://live.jp)ガジェット6本で、これらは、社員が通常の業務の合間などに手分けして作った。アイデア出しから、企画、設計、開発、デザインの組み込み、稼働確認など、社内のBizPal(http://bizpal.jp)内で議論にプロジェクトを推進した。Googleの20%ルール(会社の時間の20%は業務とは異なるソフトを作る)には遠く及ばないが、こんなプロジェクトが社員や会社の「ゆとり」になり、様々なコミュニケーションも生まれる。
 詳細は、http://est.jp/からリンクされたページに載っている。3月中に追加で10数本発表する予定で、その中には、大手企業との提携ガジェットも7、8本ある。ガジェットを使った広告・宣伝は、有効なプロモーション手段のようで、新規の引き合いもいくつか頂いているので、ガジェットの紹介サイトも作った。
http://est.jp/gadget.html

 写真は「人生時間」というガジェット。生まれてから現在までの時間を表示してくれる。 年月日・時間・分・秒の単位で表示を切り替えることができる。私は現在まで、453,821時間生きている!などが判る。サイドバー・ガジェットなので、Vistaユーザでなければインストールできないが、使ってください。
PS 生まれた時間が判らない方は、お母さんに聞いてください。

【2007/03/03追記】
 以下の通り、多くの雑誌や新聞に掲載していただいた。
http://www.yomiuri.co.jp/net/cnet/20070302nt0a.htm
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/17318.html
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/03/01/14938.html
http://japan.internet.com/wmnews/20070301/2.html
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20344397,00.htm
作成:eijyo 2007.03.01

< 前の月 | 次の月 > | このページのTOPへ↑