<<September 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

アクセス数:0000221455

2015年10月 (1) 2015年07月 (1) 2011年12月 (2) 2011年09月 (8) 2011年08月 (10) 2011年07月 (4) 2011年06月 (1) 2011年05月 (2) 2011年04月 (1) 2011年03月 (2) 2011年02月 (7) 2011年01月 (22) 2010年12月 (6) 2010年11月 (1) 2010年10月 (5) 2010年09月 (30) 2010年08月 (4) 2010年07月 (5) 2010年06月 (1) 2010年05月 (10) 2010年04月 (7) 2010年03月 (8) 2010年02月 (17) 2010年01月 (24) 2009年12月 (21) 2009年11月 (16) 2009年10月 (31) 2009年09月 (7) 2009年08月 (15) 2009年07月 (20) 2009年06月 (5) 2009年05月 (11) 2009年04月 (17) 2009年03月 (17) 2009年02月 (12) 2009年01月 (14) 2008年12月 (17) 2008年11月 (26) 2008年10月 (1) 2008年08月 (9) 2008年07月 (31) 2008年06月 (19) 2008年05月 (21) 2008年04月 (19) 2008年03月 (18) 2008年02月 (27) 2008年01月 (30) 2007年12月 (38) 2007年11月 (43) 2007年10月 (12) 2007年09月 (13) 2007年08月 (20) 2007年07月 (26) 2007年06月 (24) 2007年05月 (20) 2007年04月 (22) 2007年03月 (32) 2007年02月 (29) 2007年01月 (32) 2006年12月 (13) 2006年11月 (15) 2006年10月 (7) 2006年09月 (2) 2006年08月 (22) 2006年07月 (4) 2006年06月 (3) 2006年05月 (8) 2006年04月 (32) 2006年03月 (16) 2006年02月 (22) 2006年01月 (18) 2005年12月 (21) 2005年11月 (19) 2005年10月 (24) 2005年09月 (24) 2005年08月 (22) 2005年07月 (29) 2005年06月 (30) 2005年05月 (26) 2005年04月 (18) 2005年03月 (29) 2005年02月 (26) 2005年01月 (23) 2004年12月 (35) 2004年11月 (30) 2004年10月 (11) 2004年04月 (1) 2003年08月 (2) 2003年06月 (4) 1993年03月 (1)

eijyo
昨日、今日、齷齪
< 前の月 | 次の月 >
koizumi.jpg : 8,828byte : 160 x 221
 テレビや新聞で今年の10大ニュースや、今年を振り返る番組が多い。それらをピックアップしてみた。アスベストは、中学の新校舎がアスベストの天井だったので、ちょっと気になる。
 今年の顔が、小泉さんと姉歯さんというのもいただけない。
・JR福知山線列車転覆事故 死者117名
・アスベスト 発病まで30年、静かな時限爆弾
・耐震強度偽装事件 姉歯建築士、ヒューザー、木村建設、総研内河社長
・小泉劇場、郵政民営化、小泉チルドレン
・戦後60年、普天間基地移転問題
・名古屋万博、シベリアの冷凍マンモス
・イラク駐留、泥沼化、大量破壊兵器情報に誤り
・イギリス地下鉄爆破テロ 地下鉄3台とバス1台、サミットの初日
・中国の反日デモ、東シナ海油田開発
・ハリケーン「カトリーナ」と死者75000人のパキスタン大地震
作成:eijyo 2006.04.24

202122.jpg : 6,400byte : 213 x 157
 昨日が仕事納めで15:00から納会。唯一、会社で酒が飲める日である。昨年のスピーチはブログに書いたので(http://bizpal.jp/eijyo/20041230)、それを引用して、10年前のスボンはちょっと苦しくなってきたと、近況報告。
 歌舞伎の三人吉三巴白波(さんにんきちざ、ともえのしらなみ)、お嬢吉三の「こいつぁ春から縁起がいい」を引用して、来年がとても良い年のなると発言。仕事もおかげ様でとても順調。昨年を上回る経常利益となりそうだし、売上高も過去最高に迫る勢いである。
 以前から創業20年を一区切りと考えており、初年度である21期目を好業績で迎えられそうである。戦略商品であるBizPalも28日の出張のみならず、受注が着実に決まっている。新年と次の20年のスタートをかけて「こいつぁ春から縁起がいい」
http://bizpal.jp/eijyo/20050522
http://bizpal.jp/eijyo/20050615
作成:eijyo 2006.04.24

RSS.gif : 7,515byte : 145 x 190
 11月中旬に中途採用の募集広告をリクナビに出したが、2週間の掲載期限の最後の人の2次面接を21日に行った。
http://bizpal.jp/eijyo/20051118
 渋谷くん、加藤くん、管理部の小野村くんの4人で面接し、Sくんから、アジャイル(Agile)や.NET Framework 2.0(http://www.microsoft.com/japan/msdn/netframework/)の件で質問があり、こちらからも、具体的な開発経験や今後習得したい技術などについて、細かく質問した。
 その中で、私が「何かコードを見たい」と発言し、他の3人がちょっと驚いたような顔をした。コード(プログラム)を書いて、コンピュータを動かす仕事をしているので、どんなプログラムを書く人なのか興味があったし、プログラムセンスの良し悪しはコードを読めばわかると思ったわけである。しかし、いかにも唐突な発言であった。
 加藤くんは仕事の出し方で「『RSSリーダーを作って』くらいのアバウトな仕様でも良い?」などと話をした。渋谷くんは、アジャイルや.NETというキーワードで募集してくれたことと、面接の反応がとても良いので、気に入っているようだ。
  
 26日Sくんからプログラムが届いた。Visual Studioを使いC#で記述されたRSSリーダーのコードである。3連休の中の1日で作ったとのこと。渋谷くんが確認したが、良くできている。
 これだけ、やる気を見せてもらえれば、こちらとしては、大歓迎である。本日、小野村くんに「どんな感じ?」と訊いたら、SくんもOKとのこと。今の会社に不満があるわけではなく、もっと、自分に刺激を与えて技術力を高めたいという気持ちでの転職なので、こちらも、しっかり育てたいと思う。
作成:eijyo 2006.04.24

nagano.jpg : 22,517byte : 150 x 112
 今日は仕事納めの会社も多いが、終日、長野で打ち合わせ。午前中はデータセンターの見学や共同事業の件でD社を訪問し、午後は東京からK社の方2人と合流し、S社で4時間の説明&検討会。2社とも、とても積極的な議論ができた。経営トップの方々だったので、話が早い。
 D社、K社、S社ともに仕事納めなのに昼食や夕食までご馳走になり、恐縮至極。しっかり、昼はおやき(http://www.konnanodo.com/shop/irohado/)、夜は信州蕎麦をいただいた。
  
 8:40東京発の長野新幹線「あさま509号」だったが、大宮、高崎、軽井沢と北上するにつれて、外気の冷たさが車窓からもわかる。上田駅周辺は一面の霜。しかし、白いたおやかな山なみは「こんな所で暮らしてみたい」と思わせる。上田のトンネルと抜けたら、そこは雪国だった。長野も大雪が積もっていた。【写真】22:00帰宅。
作成:eijyo 2006.04.24

skrow.jpg : 10,234byte : 260 x 260
 昨晩、池袋の東京芸術劇場で久々に「第九」を聴いた。指揮は、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ(Stanis&#322;aw Skrowaczewski)さん。1923年ポーランド生まれなので83歳。現役最長老の指揮者である。前から6列目の左の方の席なので、指揮者の顔が良く見えるが、スクロヴァチェフスキさん、椅子も手すりも使わず、かくしゃくとした棒さばきであった。ソリスト4人は4楽章の途中で静かに登場し、暗譜だった。指揮者もスコアーなし。先日、N響のサヴァリッシュさんがキャンセルになったが、彼も1923年生まれ。http://bizpal.jp/eijyo/20041114
 ちょっと心配だが、来年5月にはN響でブルックナーの8番だし、12月には手勢のザールブリュッケン放送交響楽団を率いて、ベートーヴェン・チクルス(http://www.operacity.jp/concert/2006/index.php#061203)を指揮する。83歳でも指揮者は数年後まで予定が入っているわけで、いつまでも元気に活躍していただきたい。
  
 久々の第九だったが、昨年同様(http://bizpal.jp/eijyo/20041205/)、第九演奏会を調べてみた。12月、関東地区で90回。11日9回、18日13回、25日11回。この日は東京フィル、日本フィル、都響、読響などの競演となっている。
作成:eijyo 2006.04.24

nihongojp.gif : 3,183byte : 158 x 149
 昨日の続編だが、JPRSの日本語URLは「www.日本語.jp」と入力する必要がある。半角、全角、半角で、とても入力が煩雑。しかも、www.はMS-IMEがhttp:同様、以降は半角と認識して自動的に半角モードにしてしまうので、再度、漢字キーを押さなければならない。www.はサーバ側で省略できても、.jpは省略できない。
 2002年のインターネット・キーワードは、「msnで上位の単語はその企業が優先権を持つ」というルールで、IEのアドレス欄に日本語が入った場合、realnames.com社の振替表を使って、該当するURLにジャンプさせる方式であった。これなら、「日本語」とアドレス欄に入力するだけなので、確実に普及する。
  
 「日本語」ではなく、将来的にも「日本語.jp」なのであれば、普及は難しい。いっそのこと、「URLはアルファベットのみ」で、統一した方がスッキリすると思う。
 10数年前、AXパソコン(http://www2.nsknet.or.jp/~azuma/a/a0031.htm)の日本語キーボード検討委員会で「日本語入力は、かな漢が前提なので、日本語キーボードは不要。英語キーボードの普及を図れないか」という意見を出したが、これが実現していれば、世界標準のハードウェアがそのまま日本でも使え、業界にも大きな影響を与えたと思う。
 国益がぶつかり合うドメイン名の世界で、日本から「アルファベットのみ」という意見は出しづらいが、JPRSには、無駄な宣伝はやめて、大所高所からの判断を望みたい。
作成:eijyo 2006.04.24

R25jprs.JPG : 80,291byte : 581 x 800
 今週のR25(No.74)裏表紙をJPRS(日本レジストリー・サービス、http://jprs.jp/)が購入している。この表4広告、以下のようなメジャー企業が採用しているが、JPRSの知名度はゼロに近い。
・No.59 FF  http://www.square-enix.com/jp/title/finalfantasy/
・No.63 au G'zOne  http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/gzone/
・No.69 NISSAN WINGROAD  http://www.nissan.co.jp/WINGROAD/
・No.72 Xbox360  http://www.xbox.com/ja-JP/
  
 JPRSは、日本のドメイン名の総元締めで、.co.jp、.ne.jp、.or.jp、.ac.jp、.jpなどの管理運用を行っている。毎年7000円の利用料が、日本のバックボーンの維持管理料などで使われている。
 R25の広告は、日本語URLの宣伝だが、プラグインが必要なサービスを大々的に宣伝するのも如何なものかと思う。
 この日本語ドメイン名で私は2回失敗している。最初は2001年12月の日本語.com騒動。Network Solutions(http://bizpal.jp/eijyo/20050127)が受付を開始したので、電子書籍、辞書、外字など17件を取得したが、数年たっても広まる気配がなかったので、放出した。
 次は、2002年4月の「インターネット・キーワード」。日本語とURLの対応を行うrealnames.comという会社のサービスが話題となり、数件申し込んだが、マイクロソフト社の不支持表明で、このすばらしいアイデアも消えてしまった。
 今回、「三度目の正直」となるのか、「二度あることは三度ある」となるのか、後者の可能性が高いが、取りあえず会社名だけだが、空いていたので登録した。辞書、電子書籍などは登録済み、インターネット、図書館、東京などは予約ドメインとなっている。
作成:eijyo 2006.04.24

mabo.jpg : 8,357byte : 180 x 135
 麻婆豆腐や坦々麺が人気である。光文社の雑誌「BRIO」に田中康夫の「辛さのほかに特徴はあるのか 麻婆豆腐と坦々麺に終わらない流行の四川料理の王道を知る」などという記事まで載っている。
 本日、「生姜と葱の本」の打ち合わせで赤坂に行ったので、帰りに赤坂東急プラザ内の陳麻婆豆腐へ。2年ほど前、偶然入り、気に入ってしまった。
http://r.gnavi.co.jp/g791000/
  
 豚足のしょうゆ煮、烏骨鳥の香り炒めなど珍しいメニューがある。坦々麺はSo-Tasty坦々麺(http://www.tmcreate.com/so-tasty/)で、☆☆☆と普通の評価だが、麻婆豆腐は山椒が効いており辛くて美味い。お台場や横浜、新宿アイランドタワーにも店があるが、メニューや味が異なっている。
作成:eijyo 2006.04.24

 3連休の初日、ちょっと時間があったので、古いビデオテープを探して2本のクリスマス映画を観た。
  
■我が道を往く Going My Way (1944年)
 ビング・クロスビー、バリー・フィッツジェラルド
asin:B000C98CNG:detail
■俺たちは天使じゃない We're No Angel (1955年)
 ハンフリー・ボガード、ピーター・ユスチノフ、レオ・G・キャロル
asin:B000BEYC5E:detail
 何れもパラマウント映画。
 「我が道を往く」は、ニューヨークの小さな教会の物語で、♪トゥーラ ルーラ ルラー♪のアイルランドの子守歌が効果的に使われている。ウィスキーの木箱のオルゴール、そしてラストの90歳のお母さんとの再会シーン。
 「俺たちは天使じゃない」は、ロバート・デ・ニーロでリメイクされたが、ボガードのオリジナルには到底かなわない。クリスマスの1日、フランスの囚人島での物語りだが、洒落たコミカルなストーリーで、ラストの4個目の天使の輪が楽しい。誰でも楽しめる作品でお勧めする。
  
 泣いて、笑っての4時間であった。
作成:eijyo 2006.04.24

wev.jpg : 4,525byte : 175 x 60
 20日のセミナーで知ったのだが、SONYのWorld Event Villageというサイト、630円/月でビデオ配信を行っており、ワールド・ミュージックや世界のお祭りなどの映像が楽しめる。
http://www.worldeventvillage.com/
 フィールドプロデューサーと呼ばれる、プロの映像作家の作品なのでクオリティーも高い。ユーザレビューも書け、各国の観光局のWeb版としても使われるようだ。
  
 Googleがやりそうなサイトだが、iTuneビデオ(http://www.apple.com/jp/itunes/videos/)が出現したので、この分野が注目されている。先行者利得となるのか、iTuneに飲み込まれてしまうのか、ネットとテレビの融合とも絡むものなので、注目したい。
作成:eijyo 2006.04.24

shimizu.gif : 6,766byte : 138 x 100
 昨晩、外苑前でBUSINESS HINT!というセミナーに参加した。
http://www.shimizukazuhiro.com/event.php
 元映像新聞編集長の清水計宏さんが個人で主催する、新興ビジネスの紹介セミナーである。
 昨晩は以下の内容。
  
1.「コンテンツ配信ビジネスで不可欠となる画像圧縮技術~活用の実際」
     (株)セラーテムテクノロジー
2.「放送業界を中心にした世界のメディアの動向~2005年総括と2006展望」
     (株)スカイパーフェクト・コミュニケーションズ 
3.「ビジネスにも威力を発揮するSNS+ブログ統合サービス」
      イースト(株)
4.「ソニーが手掛けるコンテンツ配信サービス『World Event Village』の独創性」
      ソニー(株) パーソナルソリューションビジネス グループ
  
 18:30から21:00までで、2.を担当したわけだが、終了後の名刺交換会で多くのお問い合わせをいただいた。
 2001年12月からのセミナー一覧が以下に載っているが、清水さんの視点が冴えている。
http://www.shimizukazuhiro.com/presen.php
 映像系に強く、テレビとインターネットの融合など、興味深い話題が多い。このリストに載っただけで、先日、NIF(http://www.nifsmbc.co.jp/)の方が来社された。参加者は40名ほどだったが、波紋が広がるセミナーである。
作成:eijyo 2006.04.24

peace.jpg : 18,264byte : 252 x 416
 企業のIT投資が活発になり、サーバシステム開発などの商談をたくさんいただいている。エンジニアが不足気味になり、リクナビ(http://bizpal.jp/eijyo/20051118)で募集したが、IT技術者は奪い合いのようで、ほとんど採用できなかった。
 本日、社内会議で「禁煙」が議題となり、ヘビースモーカーの渡辺さんから「外で吸うしかないか・・・」とため息のような発言があり、技術者採用と絡めて以下のような会社を思いついた。
  
・社名 株式会社ぷかぷか (pukapuka.jp)
・業務 IT関連システムの開発と運営
・特徴 いつでも煙草が吸える会社です
 ペットマンションと同じ発想で、同好の士を集める戦略である。肩身の狭い思いをしている優秀な喫煙エンジニアを一網打尽にできるかも・・・
 禁煙したければ、全面禁煙の「株式会社ぴかぴか」への移籍の道も用意されている。
  
 社名の由来は、「ぷかぷか」は西岡恭蔵(http://www2c.biglobe.ne.jp/~happy/kyozo.htm)の唄から、「ぴかぴか」は肺がピカピカ!。
作成:eijyo 2006.04.24

Jobs3.jpg : 8,221byte : 200 x 150
 AppleがPowerPCからIntelへの方向転換で、アプリケーションの乗せ換え大作戦を展開している。
 「ユニバーサルバイナリ」と名づけ、以下のようなツールを提供している。以下説明文から引用。
http://developer.apple.com/jp/transition/
・Xcode 2.2: コンパイラ、デバッグ機能、ビルドシステム、CodeWarriorプロジェクトのインポート機能などが強化された最新リリース。インテル製CPU搭載のMacに対応したコード生成がさらに簡単になります。
・Xcode 2.2 User Guide: Xcode 2.2に合わせて改版されたユーザーズ・ガイド。Xcodeによる移行作業を容易にすることを目的とした、“Building Universal Binaries”という章が追加されています。
・Universal Binary Programming Guidelines, Second Edition: 移行プロジェクトを成功させた多くのデベロッパの体験に基づく、貴重なヒントや情報、ガイダンスも収録されています。
・GCC Porting Guide: gcc 4.0.1に合わせて大幅に更新されています。CodeWarriorから移行しようとしているデベロッパ向けに、重要かつハイレベルなガイダンスと、gccのエラーやメッセージへの対処方法を網羅しています。
  
 PowerPCが圧倒的な数の生産が可能なゲーム陣営に走ったので、仕方なくMacがIntelを採用するわけだが、数年前までJobsのスピーチでは、Intel対PowerPCの性能比較が、目立っていた。2.5倍遅いとか、あの消費電力は!とか、Intelをこき下ろしていたが、それが手のひらを返している。それをMacユーザ、Macディベロッパーは暖かく受け入れており、最近のJobsは、iPodの成功と共に、神がかりになってきた。
作成:eijyo 2006.04.24

timO.jpg : 67,928byte : 430 x 359
 R25 No.73(今週号)に早々と「Web2.0」が登場。「社会人硬度がアップするIT用語」、「ブログにように利用者が主導するサービスを提供するウェッブサイトの総称」、「Web2.0を意識した鍋でも食べない?」などR25らしいノリである。
 代表的な例として、http://ja.wikipedia.org/http://www.google.co.jp/igが紹介されている。
  
 ティム・オライリーのインタビューに『あるベンチャー・キャピタリスト(VC)は「このビジネスはWeb2.0だと売り込みにくる起業家が今度やってきたら、追い返してやる」とうんざりしていました』 とある。
 午前中、某社の役員会で、証券系VCの社長さんと一緒だったが「ウチにはまだ来ていないなぁ」とのこと。「来年には、押し寄せますよ」と答えた。
 夜には、「Web2.0 時代のマーケティング」についての報告書を校條さんから紹介された。私を含め、新らし物好きの日本人には「Web2.0」という言葉はジャストフィットしている。
 BizPalの今後を考える指針としても、Web2.0はとてもありがたい。多くのネットベンチャー企業がこの方向で動き出しているので、Web2.0時代に突入すると思う。
作成:eijyo 2006.04.24

bonus.jpg : 14,450byte : 267 x 206
 ボーナスの稟議書に総支給額と支給社員数が書いてあったので、割り算して、平均支給額を求め、全国平均は448,000円!と誇らしげにメモ書きしたら、総務の小野村くんから支給額情報をもらった。
 経団連の発表による、大手主要22業種(従業員500人以上、東証1部上場)の調査では、妥結額総平均862,705円、製造業平均852,692円、非製造業平均886,348円とのこと。
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2005/096.pdf
 東京都の民間労組752組合の調査では、775,705円。37.6歳平均賃金326,516円の2.38カ月分に相当。
 公務員は、管理職を除く一般行政職の平均支給額は、国家公務員682,000円(平均年齢34.6歳)、地方公務員は651,000円(35.9歳)とのこと。
 448,000円とか48万円という数字は、全国平均の統計データである。どこも去年よりも増加しており、ここにも景気の回復基調が見えている。
作成:eijyo 2006.04.24

InternetM.jpg : 10,268byte : 208 x 149
 最近「Web2.0」という言葉が気になっている。1月号のインターネット・マガジンが、「新潮流! Web2.0」という40ページの大特集を組んでいる。内容は以下の通り。
1.ティム・オライリーへのインタビュー
2.Web2.0を理解する「Web2.0」が意味するもの
3.ブログ検索とWeb 2.0 - テクノラティのサービスモデル -
4.フィードがもたらす変化 - 環境として捉えたWeb 2.0 -
5.Web 2.0 時代のウェブサービス - 「はてな」が考えるビジネス展開 -
 そして、CNETに掲載された、オライリーの「What Is Web 2.0」の全文を掲載している。
  
 これらのコンテンツ、1.以外はWebで読むことができる。
 2.3.4.は http://internet.impress.co.jp/rim/ で誰でも会員登録(無料)すると閲覧可能。特に、NTTレゾナント上原さんの2.を読めば概要がつかめる。
 5.の「What Is Web 2.0」は以下で、読むことができる。
http://japan.cnet.com/column/web20/story/0,2000054679,20090039,00.htm
http://japan.cnet.com/column/web20/story/0,2000054679,20090424,00.htm
 「Webはプラットフォーム」、「ユーザ参加による集団的知性」、「信頼と進歩的性善説」、「パソコン時代からネットワーク時代へ」など、はてな(http://www.hatena.ne.jp/)やBizPal(http://bizpal.jp)と共通する新しいWebの考え方を上手くまとめている。
  
 対抗ではないはが、ティム・B・リーが「Web2.0=Ajax」と言い、Web3.0を提唱したとか・・・
作成:eijyo 2006.04.24

watch2.jpg : 9,492byte : 143 x 150
 金曜日、仕事で兜町へ。最近、客先ができたので、月に数回通っている。11:00の予定だったが10:45に到着。4人で待ち合わせだったので、15分の暇つぶしに、近くの東京証券取引所(http://www.tse.or.jp/)へ。
 以前、12chのアド街ック天国(http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/051022/)で赤い2本の矢印のロゴ入り、腕時計が紹介されていたので、買いに行った。売店に入る前にもセキュリティー・チェック。小さな売店に、ロゴ入りのネクタイ、トートバック、キーホルダー、ボールペン、卓上世界時計などと並んで、ベゼルを廻して世界の時刻がわかる時計があった。3,300円と値段なりのものだが、デザインは写真の通り、上出来。
作成:eijyo 2006.04.24

Google3.jpg : 6,799byte : 119 x 176
 Googleの存在がとても気になる。以下の通り、何回かブログに書いたが、先日「Google なぜグーグルは創業6年で世界企業になったか」(2004年12月、毎日コミュニケーションズ)という本を読んだ。
http://bizpal.jp/eijyo/20051122
http://bizpal.jp/eijyo/20051121
http://bizpal.jp/eijyo/20051028
http://bizpal.jp/eijyo/20050723
  
・21世紀最大の大型上場 売り出し価格85ドル(現在410ドル、MSは28ドル)
・エネルギーとオーラに満ちたマウンテンヴューのキャンパス
・Googolという10の100乗からのネーミング(宇宙全体の素粒子の数は10の74乗)
・最初の10万ドルの出資者はサン(Sun)のアンディー・ベクトルハイム
・全世界で10万台のGFS(Google File System) http://labs.google.com/papers/gfs-sosp2003.pdf
 http://bizpal.jp/eijyo/20050203で2万台とご紹介したが、2、3年で5倍に増えたことになる。GFSこそが、Googleの技術の核心で、世界中のネットユーザが、いくらググっても0.5秒以内に応答する仕組みを1Uの廉価サーバを組み合わせて構築した技術は、今後、誰も追いつけないと思う。
 10数年前、「マイクロソフトのソフトウェア開発力には、今後、誰も追いつけない」と感じたが、インターネットの世界では、サーバ・システムの構築力がとても重要である。
  
 いちばん共感を持ったのは、技術者が自分の技術やアイデアを伸ばすための環境作り。美味しい食事、頭を切り替えるスポーツ、そして、2ヶ月間、30から80人での面接!
 同じ職場の誰もが納得する人だけを採用するとのこと。とても重要なことだと思う。
作成:eijyo 2006.04.24

miro.gif : 1,277byte : 221 x 52
 昨晩、晴海トリトン・スクエア(http://bizpal.jp/eijyo/20050427)で、米国のMiro弦楽四重奏団のベートーヴェン作品18 全曲演奏会へ。楽聖が28歳からの2年間で作曲した6曲の弦楽四重奏を3時間半で一気に聴いた。
http://www.miroquartet.com/
 唯一の日本人メンバー山本智子さんは、新年には赤ちゃんが飛び出してきそうな大きなお腹だったが、切れ味鋭い演奏が最後まで続いた。アンコールはハイドンの74番。
 ミロは画家名前からとったとのことだが、画家や芸術家の名前を冠したカルテットが多い。10数年前フェルメール・カルテットでフェルメールという画家を知った。来週は紀尾井ホールで今井信子のミケランジェロ弦楽四重奏団。
作成:eijyo 2006.04.24

it100.gif : 5,699byte : 107 x 81
 最近、忙しくてこのブログも休みがちなのだが、午後からソフトバンク クリエイティブ(旧ソフトバンク メディア&マーケティング)が主催するセミナーへ。場所は新装の品川プリンスホテルのエグゼクティブ・タワー36階「札幌」。
 マイクロソフト社のGroupBoard Workspaceなどを知りたくて参加したのだが、先頭バッター上村さんの「IT経営で勝ち抜く21世紀」という中小企業のIT戦略が面白かった。
 上村さんとは10年以上前、Windows Solutionsという展示会の企画委員として何回か会議に同席させていただいたが、当時から論客だった。以下の通り、資料の見出しも過激である。
・市場構造が変化し、20世紀のやり方は通用しない
・21世紀型のビジネスは企業規模が小さい方が有利
・ITで新しいコーポレートガバナンスの確立
・ビジネス活動をリアルタイムにモニタリング
・新しい時代に対応した企業には、経営トップの強いリーダーシップが存在
  
 そんな思いで、経済産業省の「IT経営百選」の選考委員長もされている。
http://www.itouentai.jp/hyakusen/
 この選考ポイントも興味深い。
Ⅰ.ビジネス戦略・経営改革の視点
・業績が好調に推移しているか
・大手にはマネができないビジネスモデル
・経営の自立化が出来ているか
・経営のオープン化
・満足度経営を実践しているか
Ⅱ.IT高度活用の視点
・コミュニケーションの高度化への活用
・営業・マーケティング改革への活用
・業務プロセスの高度化・統合化への活用
・人材・ノウハウの高度活用
・情報セキュリティ対策
  
 主題のGroupBoard Workspace(http://www.microsoft.com/japan/sharepoint/groupboard/)だが、日本で開発しているとのこと。
 GMOがこれを使ったASPを提供している。http://www.xteam.jp/
 圧倒的なユーザ数の先行するサイボウズ(http://cybozu.co.jp/)にどこまで迫れるか・・・
作成:eijyo 2006.04.24

canopus.jpg : 1,587byte : 137 x 37
 本日、会社の賀来くんから教えてもらったが、仏トムソン(米RCA)がカノープス(http://www.canopus.co.jp/)を買収したとのこと。
http://bcnranking.jp/service/11-00005381.html
 山田さんは1985年私が所属する会社の創業当時、早水さんの紹介でPCボードの販売をお手伝いさせていただき、神戸に伺ってフロインドリーブ(http://www.mars.dti.ne.jp/~ghb1266/)の美味しいクッキーをお土産に頂いた。
  
 1995年アトランタのComdex Springでは、会社の二瓶くんなども一緒に会食し、シンガポールCreative Lab(http://us.creative.com/)の隆盛を見て、「カノープスさんも出たら!」と煽った覚えがある。
 その時、既に米国に進出されサンノゼに会社を設立されていたが、ビデオキャプチャー・ボードなど独自技術で成功され、社名の通り世界で2番目に輝くボード・メーカーとなり、それが今回の巨額買収につながった。
  
 技術者マインドを待ち続けた経営者なので、その「技術を視る眼」で、次の仕事に挑戦していただきたい。
 次の社名は、夜空で一番輝いている「シリウス」ということで・・・
作成:eijyo 2006.04.24

< 前の月 | 次の月 > | このページのTOPへ↑