<<September 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

アクセス数:0000221455

2015年10月 (1) 2015年07月 (1) 2011年12月 (2) 2011年09月 (8) 2011年08月 (10) 2011年07月 (4) 2011年06月 (1) 2011年05月 (2) 2011年04月 (1) 2011年03月 (2) 2011年02月 (7) 2011年01月 (22) 2010年12月 (6) 2010年11月 (1) 2010年10月 (5) 2010年09月 (30) 2010年08月 (4) 2010年07月 (5) 2010年06月 (1) 2010年05月 (10) 2010年04月 (7) 2010年03月 (8) 2010年02月 (17) 2010年01月 (24) 2009年12月 (21) 2009年11月 (16) 2009年10月 (31) 2009年09月 (7) 2009年08月 (15) 2009年07月 (20) 2009年06月 (5) 2009年05月 (11) 2009年04月 (17) 2009年03月 (17) 2009年02月 (12) 2009年01月 (14) 2008年12月 (17) 2008年11月 (26) 2008年10月 (1) 2008年08月 (9) 2008年07月 (31) 2008年06月 (19) 2008年05月 (21) 2008年04月 (19) 2008年03月 (18) 2008年02月 (27) 2008年01月 (30) 2007年12月 (38) 2007年11月 (43) 2007年10月 (12) 2007年09月 (13) 2007年08月 (20) 2007年07月 (26) 2007年06月 (24) 2007年05月 (20) 2007年04月 (22) 2007年03月 (32) 2007年02月 (29) 2007年01月 (32) 2006年12月 (13) 2006年11月 (15) 2006年10月 (7) 2006年09月 (2) 2006年08月 (22) 2006年07月 (4) 2006年06月 (3) 2006年05月 (8) 2006年04月 (32) 2006年03月 (16) 2006年02月 (22) 2006年01月 (18) 2005年12月 (21) 2005年11月 (19) 2005年10月 (24) 2005年09月 (24) 2005年08月 (22) 2005年07月 (29) 2005年06月 (30) 2005年05月 (26) 2005年04月 (18) 2005年03月 (29) 2005年02月 (26) 2005年01月 (23) 2004年12月 (35) 2004年11月 (30) 2004年10月 (11) 2004年04月 (1) 2003年08月 (2) 2003年06月 (4) 1993年03月 (1)

eijyo
昨日、今日、齷齪
< 前の月 | 次の月 >
 昨日、本郷郵便局に書留をもらいにいったら、半分がam/pmになっていてビックリ。数週間前、am/pmのチラシが新聞の折込で入っていて、郵便局の敷地に新規開店したことは知っていたが、これほど大きいとは思わなかった。東大前の大きな本局の1階の半分がコンビニになってしまった。
 郵政省、違った日本郵政公社は、ローソンと仲が良いと思っていたが、am/pmとも仲良しのようだ。
  
 am/pmをWebで調べたら、資本金95.5億円。レインズインターナショナル61.1%、新日鉱ホールディングス33.6%、三菱商事3.7%、東京電力1.6%。1420店舗とある。
 新日鉱ホールディングスはジャパンエナジー(JOMO)などの持ち株会社、レインズは米国の会社かと持ったら、1995年三軒茶屋で創業した小さな焼肉店がルーツのたたき上げの日本の会社であった。「牛角」、「温野菜しゃぶしゃぶ」、「am/pm」そして「成城石井」も傘下に持っている。
   
 ついでに郵便振替もお願いしたら、窓口は終了したので、端末で自分でやってくれと言われた。以下のような外部仕様のマシンである。
1.払込用紙をスキャン
2.印刷または手書きの口座番号と金額をOCRで認識
3.認識した金額の確認
4.振込人の電話番号を入力
5.お金を投入口に入れ、しばらくすると、お釣りが出てきて終了
作成:eijyo 2006.04.24

0410i652.jpg : 45,011byte : 800 x 600
0410i660.jpg : 55,471byte : 651 x 720
http://www.ozmall.co.jp/gourmet/detail.asp?Page_ID=3654
 カメラを買った後、東京レストランガイド(http://www.asku.com/rgj/tokyo/)で評価が高かった、和食の吉野に行った。池袋地区の「和食」で堂々のトップである。

 土曜日なので、座敷が空いており、広い和室で、松茸や栗、河豚などを堪能した。
 薄味で、素材を活かした料理は、「生姜と葱の本」と通じるところがあり、7000円のお任せコースでお願いしたが、2時間かけて、14品を美味しくいただいた。
作成:eijyo 2006.04.24

 妻が蘇先生と一緒に、「生姜と葱の本」を出版した。
http://www.ks22.com/x
 おかげさまで、出版からもうすぐ1年になるが、5刷、12500冊を作ることができた。この印税が少したまったが、蘇先生のお手伝いをしただけなので、こちらで使うつもりはない。蘇先生も何か目的を持って使いたいとの事で、蘇先生の友人の娘さんで日大芸術学部で写真を勉強しているポンちゃんにカメラをプレゼントすることにした。
 雨の池袋、ビッグカメラで待ち合わせ、喧騒の本館ではなく、昔からの店である、カメラ館3階でゆっくり、店員さんと話をしながら、Nikon F6を購入した。
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/film/slr/f6/
 Fシリーズは、ニコンのフラッグシップで、プロ仕様の最高機種である。ユーザに合わせたカスタマイズが41ヵ所も可能で、ボタンやレバー、計器の数は車よりも多い。F5から8年を経て今年10月22日に発売された。若い店員さんに「これ下さい」といったら、ビッグカメラ特価で26万円以上の代物なのでキョトンとされてしまった。初老の店員さんが製造番号0001998というのを選んでくれた。「まだ学生だが」と言ったら「日芸ですか?」と図星の返事。
 オマケに、過去のFシリーズ全機種のポストカードなどが付いているが、ポンちゃんが日大の先生から聞いた話では、「これが最後のFシリーズ」とのこと。確かに、8年後の2012年に「Nikon F7」が出るとは考えにくい。プロ用カメラの世界にもデジタルの波が押し寄せているようだ。「コンピュータの勝利!」と言ったら、女房にいやな顔をされてしまった。


作成:eijyo 2006.04.24

 社内で流行っていた「はてなダイアリー」を使ってみた。今、1時間ほど触っているがとても面白い。欲しかった機能が、とても素直に実装されている。CD、書籍、商品そして基本用語辞書など、書いていて心地よい。システムがシンプルで軽い分、サーバ負荷も少なく、多くのユーザの巨大なblogを処理できるのだろう。
 以前、JAGATのセミナーで近藤さんと名刺交換したが、優しそうな好青年だった。私には「はてな」が以下のように見える。
 『インターネットはパソコンと向き合う孤独な世界だし、blogも分散した個人の意見の羅列にすぎない。分散したキーワードをリンクし、一部の単語には解説を施し、商品にはそのリンクを提供することで、孤独な分散が暖かい協調に変わる』
 これからも、ドンドン機能拡張されるだろうが、とても気に入っている「はまぞう」の強化には少し協力できるかもしれない。
 はてなダイアリーとmixiの組み合わせが、最強の個人向けblog+ソーシャルネットワークかな?
作成:eijyo 2006.04.24

 この2週間ほど、ヴァン・モリソン(Van Morrison)の最新の2枚のCDばかり聞いている。新作と言っても、2002年のDown the Roadと2003年のWhat's Wrong With This Picture?である。
asin:B0000646UW:detail
asin:B0000A55GR:detail
 特に、Down the Roadの12曲目、「Only a Dream」を繰り返し聞くことが多い。人生の黄昏の曲だか・・・
 ヴァン・モリソンを知ったのは学生時代、尾山台の廃業するレコード店で、テュペロ・ハニーのレコードを半額で買い、潤いのある声に魅せられた。いまでも6分の「Tupelo Honey」や「Moonshine Whiskey」はよく聞いている。
asin:B00005FMML:detail 
 北アイルランドのベルファスト生まれの、とても息の長いロックンローラーで、現在60歳。飛行機嫌いで、来日していない。
 暇な日曜日、終日http://www.allmusic.comを眺めていることがあるが、この2枚が☆四つだったので、買ってみた。

作成:eijyo 2006.04.24

 iPod 40GBを買ってしまった。ヤフオクで先物取引のような買い方をしたので、半値以下だが、納期は1月中旬とのこと。支払い済みなので、到着までちょっと不安である。
 iPod Photoの登場で、旧iPodが不良在庫となることを見越した売買だが、Photoは本当に写真アルバム表示装置として活用されるのだろうか?
http://www.apple.com/jp/ipodphoto/

 iPodの画面をカラーにして、写真ビュアーを追加しただけの簡単な機能強化版に「Photo」と命名するところに、Appleのマーケティング力の凄さを感じる。
 iPod U2もマーケティングとデザインの勝利で、黒いボディーに赤いダイヤル、裏にはU2メンバーのサインは、SONYなど他の追随を許さない。
http://www.apple.com/jp/ipod/u2/
 そういえば初期のMacにもケースの裏にビル・アトキンソンなど開発者のサインが入っていたっけ。

 iPod -> iPod mini -> iPod Photo の次は iPod Videoになるのは時間の問題である。その次は iPod Bookとなって欲しいのだが、表示デバイスをXGAにすると、iPodのコンセプトは崩れてしまう。

 iPodなどのMP3プレイヤーの普及で、CCCD(コピー制御CD)が消えつつあるのは歓迎するが、ビデオの持ち歩きには、著作権問題が再浮上しそうだ。

 Apple Storeページに、面白い比較が載っていたので転載する。
各メディアでの10,000曲の重さの比較:
ビニールレコード   254,900g
コンパクトディスク   39,500g
カセットテープ     12,700g
40GB iPod        175g
 私も、2001年9月に「1分間は何バイト?」というコラムを書いた。
http://www.est.co.jp/ks/pinfo/08text.htm

作成:eijyo 2006.04.24

 ミュージカルの100年、最終回を見た。コーラスライン、ヘアー、キャッツなど、お馴染みの作品がたくさん紹介されたが、オフ・ブロードウェイで30年という史上最長のロングランを行った「ファンタスティックス」は、出てこなかった。
http://www.fantasticks.jp/
 トライ・トゥ・リメンバーはファンタスティックスのヒット曲で、私はキングストン・トリオのレコードでこの曲を知った。
http://www.mars.dti.ne.jp/~mt-fuji/kanbayas/002/ktri_.html
 作曲したハーヴェイ・シュミットのピアノでの日本公演やニューヨークのサリヴァン劇場での公演など、「ファンタスティックス」は数回見た記憶がある。
作成:eijyo 2006.04.24

 NHK BS Hiで昨晩から「華麗なるミュージカル ブロードウェイの100年」を放送している。 今日は、40から60年代、バーンスタインやリチャード・ロジャース、オスカー・ハマーシュタインなどが登場する黄金期である。
 ハマーシュタインの遺作となったサウンド・オブ・ミュージック「エーデルワイス」のくだりでは、感動した。
 中学時代、サウンド・オブ・ミュージックは封切りで3回見た。

 この番組、今年、三ヶ国放送局が国際共同制作したもので、とても密度が濃い。 PSXで録画して、繰り返し見ている。

作成:eijyo 2006.04.24

 年末商戦のHDビデオ紹介ページを眺めていたら、PanasonicやSONYは400GB、東芝は600GBとなっていた。
 昨年は、250GBが最大だったので、一年で倍の容量である。
 数年前、SONY VAIOの設計者の講演を聴いたことがある。HDはいくらでも大きなものが欲しいと言っていたが、ビデオ録画にはGBでは不足でTBは必要だろう。
 しかし、ノートパソコンのHDは80GBで2年ほど足踏み状態である。愛機ThinkPad T40(通称「パソコンのベンツ」)の80GBは満杯なので、早く160GBになって欲しいのだが・・・
 それにしても、この日記ではないが、「文字」は何とかわいく、表現に富んでいるものか。

作成:eijyo 2006.04.24

 10年以上前からノートパソコンで仕事をしている。
http://www.est.co.jp/ks/billg/12_BOOKC.htm
 DELL Latitudeのトラックボールが気に入っていたが、この5、6年はIBM ThinkPadを使っている。600E、T21そして昨年購入したT40が現在の愛機である。T40はノートパソコンのベンツと呼ばれる、当時最強のマシンで、80GBのディスクとSXGA+(1400x1024)の液晶を使っている。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0324/hotrev205.htm
 妻とはいつも離れ離れだが、ThinkPadは1年365日、24時間、私から10メートル以上離れることはない。会社でも自宅でも無線LANでネットにつながり、毎日16時間以上使っている。スケジュールも大切なドキュメントも多くのデジカメ写真もヤフオクのログも好きな音楽も、すべてがここに入っており、80GBはほぼ満杯となっている。
 そのThinkPadが昨晩、画面の上1/4を残して、見えなくなってしまった。画面が不気味に青白く光り、表示も読めず操作不能である。いろいろやってみたが、あきらめて床に就き、今朝、立ち上げてみたら、最初は青白かった画面が、Windowsの登場と共に正常に戻った。IBMに電話したところ、「LCDケーブルの障害と思われるが、再現しなければ、修理できない」とのこと。昨年の10月14日の購入なので、保障期間が過ぎていると思ったら、「12月まで有効で、今、電話をもらったので、この障害については、保障期間後も無償」との暖かい言葉をいただいた。ユーザ思いの優しい対応でありがたかった。
 しかし、持病を持ち、いつ倒れて救急車で運ばれるか、ヒヤヒヤしながらThinkPad使うことになってしまった。修理は10日程度とのことだが、10日どころか2時間でもThinkPadなしでは暮らせない。明日の予定も判らなくなってしまう。
 先日、出版社を辞め、携帯ベンチャーを立ち上げた、友人の竹田さんが、「ノートパソコンは何が良い?」と訊くので、間髪入れずに「ThinkPad T42!」と答えたが、サイトを見たら、27万円前後と、ずいぶん安くなっている。一台予備に買っておきたい気分である。仕事で使っていても「パーソナル・コンピューター」は自前で買う主義なので、急な27万円の出費はちょっとつらい。2年周期で買い換えているので、あと一年、何とかT40に頑張ってもらいたいのだが・・・
作成:eijyo 2006.04.24

 22日から実家(佐賀)に帰省した。飛行機を禁止されているので、新幹線に5時間乗って博多に行き、そこから1時間でニューオータニ佐賀の近くの西堀端の自宅に到着。
 納戸を整理していたら、赤松小学校時代のテスト結果や絵がたくさん出てきた。夏の友、冬の友という宿題もあった。学年ごとに5cmくらいの厚さがあり、すべてのテストと絵が入っていた。数に限りがある「80点以上」をクリアー・ホルダーに入れ、残りを処分したが、探していた「給食の献立表」は見つからなかった。小学校、中学校時代の給食の献立表を、なぜかとても懐かしく感じており、友人をあたってでも探し出したいと思っている。
 テスト書類の奥に、立派な皮の鞄が二つあり、中を調べたら、祖父の炭鉱時代の書類がたくさん出てきた。戦後、祖父は九州で複数の炭鉱を経営しており、約束手形や炭鉱の図面、官僚や大臣の名刺もあった。
 45年前に亡くなったが、その時、預金が900万円あったと母が呟いた。家族は会社には一切関係していなかったので、会計士や会社の関係者が適当に処分し、すぐに口座はカラになったとのこと。
作成:eijyo 2006.04.24

< 前の月 | 次の月 > | このページのTOPへ↑