アクセス数:0000032823

<<July 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345

2017年07月 (1) 2017年06月 (1) 2017年05月 (3) 2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

< 前の日 | 次の日 >
今日7月31日は小池都知事が誕生した日である。あれから1年、都政のみか、国政までが大きく変わってしまった。

我田引水の自民党議員を一掃してこれだけのことを成し遂げた。もう日本の政治が元に戻ることはないだろう。これだけの大仕事をやってのけた小池百合子という政治家の力を評価したい。

カラスたちが騒いでいたことは分かっている。結構、マメに書いていた社長ブログを2か月近く、休載した。
その理由は、小池都政については前回の6月初めの「都民ファーストの会」の決起大会で、書きたいことはほぼ全て書いてしまったからだ。いま、読み返して都議選での地滑り的圧勝までズバリ的中している。その後のゴタゴタ、こともあろうか国有地のトップセールスなどを書いていたらペンが腐る。

課題は小池新党が主導権を握ったあと、この勢いを維持できるかどうかだが、これについてもわたくしは初の女性の都知事誕生を祝って昨年8月の段階で新書版の「都道州制」(ISBN978-4-434-22377-8)を出版したときに、縷々、書いている。
今回の都議選で当選した小池チルドレンは、口々に「待機児童をなくします」と語ったが、政党としては幼稚園・保育園問題に詳しい、保育士資格を持った都議会議員が2人か3人もいればいいのである。

新しい都議会議員諸君は、わたくしが「都道州制」で提案したような23区の業務を整理して、それぞれの区庁舎の2階と3階に保育園と高齢者ホームを併設するくらいの提案をして、都知事が口火を切った行政改革をさらに進められるかどうか。小池都知事のいうことをパクパク繰り返す可愛いオームやインコさながらでは、有権者から見離されてしまうだろう。

保育士を増員するというが、保育士も公務員である。一旦、採用したら定年まで雇用しなければならない。そのために支出される血税がどれほどになるのか。新しい都議会議員は計算してみたことがあるだろうか。財政的に豊かといわれる東京都だけが待機児童ゼロを実現したならば、地方の女性たちは「東京に行かなければ子供も産めない」と考えるようになって、それでなくとも若者たちがいなくなって高齢者ばかりになってきた地方はますますさびれるという弊害も起きるに違いない。

小池都知事の東京大改革については主張すべきはしたということで、もっと広く目を配ってみれば、エライことが起きている。
電子出版社eブックランドが商いをしている情報流通の業界では、外国資本(アメリカ資本)のアマゾン、アップル、Googleが書籍の流通からスマホ、タブレットまでを支配してしまった。この現象がわたくしのみるところあらゆる業界に及びつつある。

日本の産業界ではいまIoT(Internet of Things なんでもインターネット)が叫ばれて、右往左往している。インターネットの意味が分からないで世界第二の経済大国の日本がアッという間に500兆円の赤字国債を積み上げた1990年代の大失敗がまた繰り返されようとしている。もはや見過ごすことはできない。2017年8月からは新たな戦いが始まる。

作成:Sanshiro 07.31 20:30 更新:08.03 07:04

< 前の日 | 次の日 > | このページのTOPへ↑