アクセス数:0000032823

<<June 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678

2017年06月 (1) 2017年05月 (3) 2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

< 前の月 | 次の月 >
30年計画でエジプトから南アまで8000キロ

去年の初夏にゾウが密猟で激減しているというニュースを知ってから、アフリカにのめり込んでいる。

もちろんそれだけではない。
もう一つの理由は、アフリカから多くの自爆テロ戦士と難民たちが生まれているからだ。これはもはや世界の最大の関心事だろう。

しかし、まさかエジプトのアレキサンドリアから南アのケープタウンまで、アフリカを縦断する高速鉄道建設という突拍子もない提案をすることになろうとは、わたくし自身、予想だにしなかったことだ。

それは中国のせいである。
アフリカ進出を国家戦略として進めてきた中国は、いまやアフリカを中国の大陸にしかねない勢いだ。わたくしは明日にもアフリカのどこかの国が共産政権になり、その要請で中国人民軍が駐留するような事態が起きても驚かないだろう。

冷戦終焉の前から、中国はアフリカへの浸透を図り、太平洋岸ではタンザン鉄道(タンザニアーザンビア)を敷いたし、1990年に冷戦が終焉するとさらに資源確保を目的にアフリカ各地での投資を拡大した。いまもエチオピア鉄道(ジブチーアディズベバ)を建設中で、大西洋岸でも海岸沿いの国々を走る鉄道建設を計画して進めている。

日本がアフリカに入り込めるところは、もはやエジプトからの中央突破のルート、アフリカ縦断高速鉄道しか残っていないのである。

わたくしが今年に入ってから「列島改造論からアフリカ改造論へ」という題で、アフリカの諸問題を解決するため連載を書いていたが、その間にも、中国の習近平主席はイランを訪れてテヘラン―マシャッド間の高速鉄道建設を発表した。かつては日本が新幹線を輸出しようとしていたルートだ。

しかし残り物に福あり、アフリカ大陸を縦断するルートは宝の山に分け入るような結果をもたらすかもしれない。

沿線には様々な資源の鉱山が海から遠いために開発されないままに転がっている。もう一つはアフリカ中央部に広がる熱帯サバンナが豊かな農場になって、アフリカを世界の穀倉に変えかねないことである。熱帯サバンナ開発が進めば、穀物を港まで輸送する支線が敷かれて輸出されることだろう。

しかも30年後にはやってくる人口100億時代に、一番、人口が増加すると予測されているのがアフリカなのである。もし何もしないでいたら、いまよりも膨大な数の難民たちが地中海を越えて北に向かい、欧州各国のナショナリズムが激高してEUの結束も吹っ飛んでしまうだろう。その兆候は日々のニュースで私たちが目撃している通り、EU諸国では自爆テロ警戒に疲弊して民生が犠牲になり始めている。

アフリカをどう立て直すかは人類が築いてきた文明・文化を守れるかどうかの攻防の段階に至ったと思う。
すでに中東情勢は日本の安全保障に影響を及ぼしており、そろそろ応分の貢献を要請されそうだ。湾岸戦争のときに日本は参戦の国々に1兆2000億円の寄付をして、ろくに感謝もされなかったことを思い出す。そんなお金を払うくらいなら、アフリカ縦断高速鉄道の皮切りとしてエジプトのアレキサンドリアからカイロ経由ルクソールを走る新幹線建設を提案してはどうだろうか。

インドネシアの新幹線の案件を土壇場で中国に奪われた安倍政権は、つい最近、インドのムンバイとアーメダバード間505キロに新幹線を輸出することで合意した。
インドへの新幹線の輸出では政府の債務保証の条件を外しただけではない。1兆円(120億ドル)を年利0・1%で50年間、融資するだけでなく、15年間、返済を猶予するという条件を提示して獲得したという。いまだかつてない優遇措置である。

こういうことができるのなら、2月下旬に来日するというエジプトのシシ大統領におなじような条件で提案してみてはどうだろうか。これが実現すれば日本は新しい時代のアフリカ支援のあり方を世界に誇ることができるだろう。
作成:Sanshiro 2016.02.15

< 前の月 | 次の月 > | このページのTOPへ↑