アクセス数:0000032823

<<March 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
2627281234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

< 前の月 | 次の月 >

冬こそ放射能除染のチャンス

ひまわりに教えてもらったことは多々あるが、その中で最も重要なことは「セシウムは雪ではないので、消えてなくなるわけではなく、回収しなければ放射能の被害はならない」ということだ。

 

いま、何百億という莫大な税金を使って行われている除染は、小学生でも分かるこの単純な理屈をまったく無視して進められている。

 

1)     高圧水で吹き飛ばしても、放射性物質はなくなるわけではない。その周辺に散らしているにすぎない。だから放射線量はあまり下がらないし、風雨があると元に戻ってしまうことさえある。

2)     放射線量の高い側溝のドロや汚染された植物を捨てる場所がない。

3)     そうこうするうちに放射能の二次汚染が始まっている。

 

二次汚染にはいくつものパターンがあるが、一つの原因は福島の農家が各地でおこなっている野焼きである。

 

農家にとってはいつもの秋と同じことをしているに過ぎないのだが、この秋の田畑の草には放射性物質が付着している。付着しているだけでなく、春からの成長過程で地中の放射性物質を吸い上げている。焼却すると、その灰には 100 倍にも濃縮された放射能が含まれているから、セシウムを空中散布しているようなものである。

 

これよりも大変な二次汚染は、福島第一原発の西北西の阿武隈山系に降り積もった放射性物質が、季節風に乗って里に吹き飛んできたり、小川や地下水とともに平野部に拡散することだろう。NHKのクローズアップ現代は「新たな懸念 水が運ぶセシウム」(11月8日放映)で少し、取り上げていたが、そんなことは当たり前な話だ。

ここに興味深い調査がある。

山岳地帯に落下した放射性物質は、その9割が葉っぱに付着しているというのだ。「セシウムなどの放射性物質はいまのところ葉に付着しており、それを除去することで9割ものセシウムを回収できるだろう」というのだ。文部科学省の委託研究で筑波大学の恩田裕一教授と気象研究所が合同調査して、9月13日に発表した。

以来、わたくしの頭では「落葉拾い国民運動」のイメージがどんどん膨らんできている。この秋から冬、来年の若葉が茂るころまでが、福島を救う最後のチャンスなのではないかと考えるようになった。このときを逃せば、葉に付着した放射性物質は落葉が朽ちるとともに土中に入り込んで、ちょっとやそっとでは取り除くことができなくなる。
 

もはや政府の出方を待っている場合ではない。私たち個々人が動くときではないだろうか。

福島に行けば、広大な山野を覆う膨大な森林を前に、除染など到底不可能だと威圧される。しかしながら福島を救うのは今しかないと思う。ひまわりの種まき隊がやったように、人海戦術であの山々に取りつくのだ。そのスケールは数百人ではなく、数千、数万の規模でなければならないだろう。だから「落葉拾い国民運動」なのである。

シルバー世代には未来の世代のために、放射能のない自然を残す義務があると思う。

                                   ひまわりの種まき隊 代表 横山三四郎

 

 

作成:Sanshiro 2011.11.09 更新:2011.11.09

e ブックランドは 11 月1日、創業 8 周年を迎えました。著者と読者のみなさまのご愛顧のおかげであると深く感謝しております。

 

8 周年の記念事業として BookRental (ブックレンタル)を開始しました。

 

電子書籍ブームの高まりとともに、オリジナルな興味深い作品がいっぱいの e ブックランドに業界の注目が集まって、作品の提供を求められるようになりました。この要請に応えて、自社で出版した作品を貸し出す――これがブックレンタルです。

 

いわば“ e ブックランドの作品の出前”で、これからは e ブックランド出張所”が色々なところに出現することを期待しています。

 

ブックレンタルには、いくつかのタイプがあります。

ビジネス型

1)     有料のコンテンツ販売サイト向けのブックレンタル:

e ブックランド作品をレンタルして有料販売するサイトは、売上に従ってシェアを

支払います。

A社のシェア例: Google30%  A販売サイト 40%  著者 20 e ブックランド 10 %。

       (e ブックランドでの販売シェア: Google30%  著者 50 e ブックランド 20 )

2)     会社や団体のホームページで集客を目的とするブックレンタル:

e ブックランドのコンテンツのなかから、会社のホームページにふさわしい

顧客を惹きつけそうな電子書籍のサムネイル(ミニ表紙)をいくつか選んで張り付

けて飾ります。

有料、無料の作品ともOKです。

有料作品の決済は e ブックランドに飛んで行うのでレンタルの費用もシェアも生じ

ませんが、商業目的の場合はお知らせください。

3)     集客のための小規模なeブックランド電子図書館のレンタル:

e ブックランドで出版の作品のサムネイル(ミニ表紙)だけでなく、会社や団体に小さなネット図書館を制作してホームページに提供します。

パソコンやデジタルテレビで読む電子書籍だけでなく、スマートフォン向けの携帯アプリもOKです。

搭載の作品を定期的に差し替えることもいたしますので、ご相談ください。

 

プライベート型

1)     個々人が、お好きな作品のサムネイル(小さな表紙)を自分のホームページに張り付けて飾るなどして利用することを歓迎いたします。許諾は不要です。

有料作品の決済は e ブックランドに飛んで行われます。

アフィリエートはまだ行っておりません。

 

ご注意:

自力自費出版社 e ブックランドでは登竜門で作家デビューして、評価を得て有料の広場に昇格することがルールになっています。(最初から有料も承りますが)

このためいつの間にか無料作品が有料に変わることも、またその逆もあることは、ご承知おきください。

 

著者のみなさまへ

商業目的で貸し出するにあたっては、その都度、著者のご意向をお聞きして条件を明示して契約いたします。また著作権保護が必要なときはそれが守られる販売サイトであることを厳重にチェックして貸し出します。携帯向けのアプリ販売サイトであれば、コピー機能がないので安心だと考えます。

 

パソコン向けの電子書籍の出版販売 e ブックランドは、近年、アップル社の iPhone iPad 向けの AppStore 、スマートフォンの携帯のための GoogleStore とコンテンツの販売ステージを広げてきましたが、 BookRental によってさらに大きく広がることになります。

 

これは紙本の出版社が、各地のいくつもの本屋に配本して販売しているのと同じとお考えください。電子書籍に対するニーズが急激に高まってきたことによるもので、電子書籍にせよ、アプリにせよ、販売するところはさらに増えて行くだろうと思われます。

 

有料販売サイトでは、売上に応じて印税が支払われます。販売サイトのコストが 30~40 %あるために、著者のシェアは 20 %前後に下がりますが、それでも著者の収益にはなり、作品や著者の知名度アップにもプラスになるので積極的に対応いたします。

 

電子出版社として 2004 11 月1日に立ち上げられた e ブックランドは、これまでに 500 点に迫るコンテンツを出版して、毎月、その数を増やしています。自力自費出版のサイトなので、それらのほとんどはオリジナルな作品です。出版前に審査をしているのであまりおかしい作品はありません。

 

もう一つ、大きく異なるのは著者に対する印税率です。 e ブックランドは電子書籍のメリットを活かして、著者には売上の 50 %の印税(レンタルの場合は 20 %前後)をお支払いします。インターネットを利用した e ブックランドでは、紙・印刷代や倉庫代、流通経費にコストがかからないのでこのような驚きの印税が可能になります。

 

これまでは電子書籍に対する一般の関心が薄く、アプリなどは存在さえしていなかったために支払い事例が少なかったのは事実です。しかしながら 2010 年から契約に定めた印税の支払い水準(累積売上1万円)を超える作品が増えてきています。加えて販売のステージが増えてきたことで、電子書籍でも大ヒットも夢ではない条件は整いつつあるように思われます。

 

欧米では、紙本の商業出版よりも前に、 e ブックランドのような電子出版社を作品の発表の場に選ぶ作家が次第に多くなってきたとのことです。インターネットが一般に開放されて 20 余年、出版というものの概念とインフラは根底から変わりつつあるようです。

                                       2011/11/1

 

作成:Sanshiro 2011.11.06

< 前の月 | 次の月 > | このページのTOPへ↑