アクセス数:0000032823

<<June 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678

2017年06月 (1) 2017年05月 (3) 2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

< 前の月 | 次の月 >

e ボード」の夢

 

石板に書いては消し、消しては書いたかすかな記憶が残っている。いつごろのことか、はっきりしないが、小学生になる前、紙も鉛筆もなくなった太平洋戦争中のころだったかもしれない。

 

石盤については、紙がふんだんに使える時代に育った人々には、もう少し、説明しなければならないだろう。 粘板岩の小さな黒板のようなもので、ロウ石や滑石(かっせき)を棒状にした石筆(せきひつ)で字や絵を書く。書いた文字や絵は布で簡単に消して、また書くことができる便利な文房具だ。 

 

さらにいえば、日本の子どもたちの筆記用具は、寺子屋のころは毛筆と墨だったが、明治初期に欧米から石板と石筆が導入されて、 鉛筆と紙が普及する昭和初期まで、子どもたちは半世紀もの長い間、これを使って勉強した。 しかし、面積が小さく、書いた記録も残らないことから、低学年の子どもたちのものだったといえる。

 

石板の記憶が突然、よみがえったのは、 21 世紀ならではの石板のような便利な電子文房具のアイデアが浮かんだからだ。

 

どのようなものかというと、テレビやパソコンのデイスプレィをイメージしてもらえばいいだろう。テレビもパソコンもブラウン管の入った四角な形から、技術革新で薄型のものに変わってきている。ただしデイスプレィの映像を表示する部分はまだ液晶で、石板のような自在なアナログ性はない。

 

ところがついに、手で書いては消し、消しては書ける石板のようなタイプのものが日本のメーカーの手で開発されたのである。 キーボードとウインドウズのOSを使わない情報伝達の手法が開発されたことは、ビル・ゲイツの呪縛から逃れることができるということでもあって、誠に慶賀に堪えない。

これを使えば、板状のデイスプレィに、軽いジュラルミンの枠をつけて持ち運びができる教科書兼文房具をつくることができる。かつての石板のように頑丈で感触のいい木枠でもいいかもしれない。

 

筆者は“ e ボード”と名付けているが、その特徴を列挙してみよう。

1)     液晶のように自ら発光するのではなく、自然光の反射光で読める紙に似た性質をもつ。だから電気を食わないだけでなく、目が疲れず、長時間利用できる。

2)     手書きで文字や絵が書け、なんどでも書いたり、消したりできるアナログ性がある。つまりタッチパネル式での利用ができてキーボードが要らない。必要ならばキーボードでも操作できる。

3)     描いたりした文字や画像は、携帯電話のように電波でサーバーに送って保存、記録することができる。

4)     e ボード”にはUSBポートがあって、パソコンやサーバーに送ることができる。またマイクロSDカードのような記憶媒体から文字や映像データを取り込んで、パソコンのデイスプレィのように、例えば教科書を表示することができる。

5)     モノクロだけでなく、カラ―でも表示ができる。

6)     落としたり、たたいたりしても壊れにくい。
大きさはA4から自在にできる。

7)     量産することで安価に製造できる。

 

これらの性能は、 21 世紀の石板と呼ぶにふさわしい。教科のテキストをカラー表示できるので、あらゆる年次の児童生徒が使える教科書に変身し、それをなぞって勉強もできる文房具になる。

世界には紙も鉛筆もままならない国が沢山ある。子どもたちは勉強したくてもできないでいる。 e ボード”にそれぞれの国の言語の教科書を組み込んでプレゼントしてみたい。

 

e ボード”の“ e ”は、 エコノミーでエコロジーの意味でもある。 紙を使わず、地球の緑の保全に寄与する“ e ボード”の商品化の意義には途方もなく大きなものがあるとにらんでいる。

 

2010 年はわたくしの新しい夢が始まる年になりそうである。


 

作成:Sanshiro 2009.12.31 更新:2009.12.31

< 前の月 | 次の月 > | このページのTOPへ↑