アクセス数:0000032823

<<June 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678

2017年06月 (1) 2017年05月 (3) 2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

< 前の月 | 次の月 >

WCU(World Currency Unit) は夢か その2

 

基軸通貨ドルの危機は、血液を送り出す世界経済のまさに心臓に異変が生じたのだといってよい。基軸通貨は国境を越えた交易の決済に使われるお金だから、世界中が貧血状態だ。

 

アメリカ政府はあらゆる手段に訴えて、ドルの信頼の回復に努めている。 日本も全面的に支援している。 けれども思うように運ばない。むしろ膨大なドルの供給はますますドルをだぶつかせてその下落を加速させている。

 

ユーロの登場でドルが余ってしまい、実際の価値が下がっているのに無理やり維持しようとしたのが金融危機の原因なのだから、逆効果は当たり前である。

 

いまはほかに方法はない、やむを得ない緊急事態だと為政者はいっている。 1990 年代、不景気をなんとかしようと効果のない財政出動のために巨額の赤字国債を発行しまくった日本の 1990 年代と同じ愚を繰り返している。

 

WCU は夢か その1」で書いたように、手をこまねいていると国家のエゴイズム、保護主義が台頭してくる。 そしてさらなる大きな悲劇が襲ってくる。

 

どこかで歯止めをかけなければならない。 対症療法ではなく、抜本的な解決策が必要だ。

 

基軸通貨は永遠には続くものではないのである。 ドルの基軸通貨としての地位にしても 20 世紀の第一次大戦と第二次大戦の間にイギリスのポンドから受け継いだものだ。 他に信頼できる通貨があれば、それに代わることがあっていいのである。

 

原因の中核はドルの信用失墜なのだから、ドルに代わる世界通貨の創出を考えるべきときだ。 それが WCU World Currency Unit )である。

 

1971 8 15 日まで、通貨は金と等価だった。 その日、アメリカのニクソン政権は金との兌換を停止した。 ドルの水ぶくれが始まったのはそのときからだといえる。 当時のアメリカは対テロ戦争で疲弊しているように、ベトナム戦争の戦費と社会保障費の大盤振る舞いで、財政が悪化していた。

 

だから、再び金を基軸通貨の代わりにすることも選択肢の一つだが、近代の世界の市場経済のスケールは大きく広がっている。 また金を保有していない国も少なくないために、金の基軸通貨案は現実的ではないとされる。

 

そこで浮上してくるのが、 WCU World Currency Unit )だ。 ドルを追い詰めている EU の通貨ユーロは、現金として流通( 2002 1 月)する前に ECU European Currency Unit )として、試行錯誤をおこなった。 この手法に見習って世界通貨を創出する方向へと急ぎ、舵を取るべきではないのか。

 

日本の麻生政権は基軸通貨としてのドルの維持を主張しているが、それはできるのかどうか。 市場原理が働いてドルをはじめとする各国通貨が実体経済にふさわしい価値に落ち着くのをまっていたら、どこまで混乱が続くかわからない。 その間には不測の事態も起きよう。

 

世界通貨といっても、実現は容易なことではない けれども、少なくともユーロという最近の実例がある。 ヨーロッパの国々だって、自国の通貨を放棄して共通の通貨を採用するには、国として、民族としてのプライドを捨てなければならないだけでなく、安定した強い通貨のために健全財政(単年度の財政赤字は GDP の3%以内、累積赤字同 60 %以内)を実現しなければならなかった。

 

WCU の実現の前に立ちはだかるのが、この財政の健全度の問題だ。 アメリカの財政赤字はすでに 10 兆ドルを超えた。 財政規模でアメリカのほぼ3分の1しかない日本も財政赤字は政府保証の地方債を含めれば 10 兆ドルを超えている。 EU 諸国からみたら仰天の大赤字国だ。 EU では厳しい財政規律を守らなければユーロ発行は認められない。

 

アメリカがプライドを横において、 EU にドルとユーロの為替の固定のような提携を頼み込んでも、 EU の中央銀行( ECB )は首を縦に振らないことが考えられる。 せっかくの健全なユーロがドルとの道連れで弱体化することを懸念するからだ。  まして赤字まみれの日本の円の基盤は弱い。

 

それでも世界経済を再び動かすには、各国が安心して使える世界通貨ともいうべき通貨単位がどうしても必要だと思う。   せめて主要国の通貨を加重計算したバスケット通貨が、暫定的にせよ、政治判断で設けられるべきだ。 国際通貨基金( IMF )の場でもいいし、先に開かれた金融サミットで各国の通貨を調整してもいい。 それほどまでに世界経済は悪化の一途をたどっている。 

 

野放図な財政運営を続けていては、 EU から譲歩を引き出すことはますます難しくなる。 アメリカと歩調をそろえて赤字国債を大増刷しているようでは、日本は世界通貨政策での主導権どころか、発言権も失うことになる。 歯を食いしばって健全財政に向けて努力している姿勢をみせなければならないと思う。

わたくしはeブックランドの社長であると同時に、ヨーロッパ統合の専門家で大学でも教えており、単一通貨ユーロについても著作がある。 あまりの事態にブログでも筆をとった次第だ。 このテーマは2009年の国際社会の焦点になるだろう。

関心のある方はアマゾンなどで「ユーロの野望」(横山三四郎著 文春新書)、「超国家EC-ヨーロッパ合衆国への道」(同、講談社現代新書)、「二十のEC物語」(同、文芸春秋)、「ユーロパワー」(同、ウエッジ)を探して読んでいただきたいと思う。 絶版になった本もあるが、その分、安く入手できる。

作成:Sanshiro 2008.12.29 更新:2009.01.01

WCU(World Currency Unit) は夢か その1


そろそろ先のことを考えよう。
金融危機の次に来るものに備えなければならない。 ただ手をこまねいているだけでは、世界経済も私たちの生活も沈むばかりだ。

 

金融危機の本質はようやく姿をみせてきた。

 

直接の原因は、アメリカの金融機関がリスクの高い、ねずみ講まがいの金融工学を使って景気をあおっていたところにあった。 それを監督官庁の FRB (米連邦準備制度理事会)が、見てみぬふりをした。 高いドルを維持してユーロに対抗するとともに、対テロ戦争の戦費を調達しなければならなかったからである。

 

だから真の原因は、東西ヨーロッパが統合して創出されたドルに匹敵する単一通貨ユーロと、ほぼ同時期に発生した莫大な金のかかるイスラム原理主義とのテロ戦争の勃発にあったといえる。 その“粉飾財政”の仕組みがついに崩れた。

 

危機の仕組みは分かったが、その対策は対症療法にとどまっている。 地に堕ちた基軸通貨ドルの代わりに、どのような決済システムを設けるのか。 肝心のところが固まらないというか、そこまで手が回らないために、世界経済は底なし沼さながらの様相をみせている。

 

だれだって価値の分からない通貨で商売をしようとはしないから、貿易そのものが縮小するばかりだ。 世界貿易を反映するバルチック海運指標は 2008 年5月に 1 2000 に迫っていたが、金融危機とともに急落して 12 月初めには 600 台とほぼ 20 分の1まで安くなった。

 

指数はバラ積み貨物船の価格で、スケールとは異なるけれども、トレンドはほぼ比例しているとみていいだろう。 世界の物流はここまで縮んでしまったといってよい。 金融危機は経済活動そのものをマヒさせて、世界恐慌の様相を色濃くしてきた。

 

早く手を打たなければならないと思う。 このままだと、こんどは各国が保護主義に走る。 保護主義とは、自国の産業を保護するために外国産品に対して高い関税をかけることだ。 これが始まったらどえらいことになる。

 

1929 年に始まった世界大恐慌のときも、アメリカ政府はあらゆる手を打った。 企業に資金を供給し、数々の支援策をとった。 それでも景気の回復ははかばかしくなく、このために欧米各国は 1930 年代、なりふり構わぬ身勝手な保護主義に走る。 自国とその植民地の産品は優遇して、他の国々の産品には高額の関税をかけて締め出した。

 

打撃を受けたのが日本の産品である。 絹製品など日本の得意とする輸出品を売るところが世界中でなくなっていった。 これが日本を追いつめて、中国へ、そして太平洋戦争への道に追い込んでゆく。

 

ついには戦争にも発展しかねない恐るべき保護主義を復活させてはならない。 世界各国は戦後、教訓を得て自由貿易の振興に力を入れ、 GATT( 関税貿易一般協定 ) の交渉を繰り返して関税をできるだけなくすよう努力してきた。 この成果を無にするようなことがあってはならない。

 

まさか、と誰しもが思いたいけれども、保護主義の広がりを阻止できるという保証はない。 世界経済は日々、歯止めなく悪化している。 これ以上の危機を回避するために、対症療法ではなく、抜本的な問題の解決、すなわちドルに代わる世界貿易の決済システムの構築を急ぐべきではないだろうか。

 

その妙法の一つとして WCU World Currency Unit )があると思う。

 

EU (ヨーロッパ連合)のユーロにしても一朝にして成ったわけではない。 各国の通貨を加重統合した ECU(European Currency Unit) を設けて、安定した通貨として使えるよう実証実験を重ねた。実験は1970年代に始まって、 1999 年にユーロを創出するまで続けられた。  2002 年に現金の流通を果たすまでにはそれだけの準備が必要だったといえる。 自分の国の通貨を捨てて、ユーロを採用するまでにはそれぞれの国民は大変な苦痛をなめなければならなかった。

 

こうして生まれたユーロは、基軸通貨ドルをここまで追いつめるに至った。 新しい時代の通貨システムは、この誕生のプロセスを参考にして構想され、急ぎ、実現されなければならないと思う。

                        「WCUは夢か その2」につづく



作成:Sanshiro 2008.12.23 更新:2008.12.26

携帯 SD ブック 発進!

 

いっそのこと”SD ブック”でもいいかもしれない」と先のブログで書いた。 それがたちまち正夢になった。

http://www.e-bookland.net/campaign/img/sd1204.pdf

 

これまで万単位の受注でなければ受け付けないとしてきた開発メーカーが、自費出版のような小さな量でも組込みで協力しましょう、と歩み寄ってくれた。 これで携帯3社対応のマイクロ SD カードを利用した自費出版のビジネスリンクがつながった。

 

e ブックランドは 2004 11 月、ソニーの電子書籍の規格 BBeB を得て設立、 2005 年春に Adobe PDF を加えてパソコンでの電子自費出版を行ってきた。 そこに新たに携帯のメモリー、SDカードを利用した自費出版が始まったのである。

 

読者に新しいスタイルの自費出版を提案するには、それなりの決意と覚悟が要る。 なによりもその出版方式が著者と読者を裏切らない信頼度の高いものであることが大切だ。 それについての検証はクリアして必要条件は満たされたと考えている。  

 

携帯 SD カード出版に先駆けて、携帯3社対応のマイクロ SD カードは大学の広報 PR に向いているとみてマンモス大学に提案するとともに、実際に「キャンパス SD カード」を制作してきた。 その出来栄えには考えていた以上のものがあった。

 

あの小さなマイクロ SD カード1枚に、2種類の大学案内の DVD (合計3時間 10 分)がそっくり組み込まれた。 映像も音声も申し分ない。 動画の連続再生はいうまでもなく、各学部ごとの案内などの小技もできる。

 

ふつう、携帯ではダウンロードするといっても細切れの情報しか入手できず、電話代もかかる。 装着タイプの「キャンパス SD カード」ならば、ワンセグのテレビ番組のように数時間もの映像を観ることができるのである。 その迫力、説得力は圧倒的だ。 これを観たら受験生はまいってしまうだろう。

 

開発メーカーとは3年越しの付き合いだから知っているのだが、そもそもこの技術を開発した狙いは文字情報の再生にあった。 文章と朗読などの音声を組み合わせることなど朝飯前である。

 

e ブックランドが打ち出した携帯 SD ブックは、この技術に加えてメーカーが開発した携帯3社対応のマイクロ SD カードを組み合わせることで実現した。 映像も同調させることができるけれども、最初のうちは文字と朗読を同調させた自費出版から始めたいと考えている。 作品は文字に加えての音声という相乗作用でその魅力は数倍増することになる。

 

携帯 SD ブックでは、文字が液晶画面で朗読の早さで動く。 文字で読みたければ音声をしぼって普通の携帯出版のように読めばいいし、目が疲れたら耳で聞けばいいという使い方ができる。 最新の携帯では文字の大きさは 3 段階に切り替えることができるから、目もかなり楽だ。 便利になったものである。

 

それにしても携帯 SD ブックとは、ふさわしいネーミングだろうか。 これについては何度も考えてみた。 ブックというのは古代のケルト語のぶなの木が語源らしい。 紙のなかった時代にぶなの木の皮に文字を書いたことから Book という言葉が生まれたという。

 

なにか大事なこと、まとまったことを文字で木の皮に書き付けたことがBookだというのである。 とすれば、意味を伝える文字、文章を主体とする出版であればブックと称してもいいのではないか。

今回はそれをマイクロ
SD カードを使って携帯で読み聞きするのだから、これはやはり「携帯 SD ブック」だろう。


 

 

作成:Sanshiro 2008.12.08 更新:2008.12.30

< 前の月 | 次の月 > | このページのTOPへ↑