アクセス数:0000032823

<<June 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678

2017年06月 (1) 2017年05月 (3) 2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

< 前の月 | 次の月 >

 

風が吹けば、桶屋がもうかる。

 

思わぬ結果が生じることのたとえだが、いま、世の中で起きているのは「ユーロが強くなったことで、原油が上がっている」ということである。

 

わたくしは国際政治経済とヨーロッパ統合論、中東地域を専らにしている国際政治学者でもある。 1978 年にジャーナリストとしてアフガニスタンのカブールに入ってからは、とりわけペルシャ湾地域の地政学と原油の動向に目を配ってきたから、このことがみえる。

 

突然の原油の高騰に、人々はキツネにつままれたように、訳の分からないまま恐れおののいているので、少し、この場を借りて説明しておこう。

 

これまでの原油の高騰は、第四次中東戦争による第一次石油ショックのときも、イラン革命時の第二次石油ショックのときも、需給関係の見えざる手が働いて、ほっておいても沈静化した。

 

今回の価格高騰は、需要増だけでなく、巨額のマネーが流入しているためで、一向におさまる気配がない。 この背景にある真の原因が EU の通貨ユーロの創出と流通開始、それに伴うドル余りである。

 

ユーロが強くなり、ドルの価値が相対的に安くなり始めたことから、世界の富はEU諸国へ、ユーロ関連金融商品へと向かっている。 基軸通貨ドルはこれまで石油代金、船舶建造の代金など国際貿易の決済通貨として大事にされ、世界各国の外貨準備金にもなって海外で使われてきた。  アメリカが発行しているドルのうち、ほぼ半分はアメリカ以外で保有されている。

そのドルが絶対的に余りだしたのだから大変である。
すでにドルの対ユーロレートは、ユーロ通貨の流通開始時( 2002 年1月)に比べて 54 %にまで落ち込み、ほとんど半分の価値しかなくなった。

 

ドルとほぼ連動している日本の円もほぼ同じ運命をたどっている。 だから強い円のおかげで 1980 年代から 90 年代初めごろ、ヨーロッパの主要都市の5つ星の超一流ホテルでふんぞり返っていた日本人観光客は、いまでは3つ星はおろか、2つ星に泊まるのもやっととなった。

 

EUのユーロが強くなれば強くなるほど、ドルの価値は下がり、それを嫌気して世界の富はますますユーロ関連に向かう。 そのマネーフローの一部があふれて原油や穀物などの商品相場に流れている。

 

かくて「ユーロが強くなれば、石油が上がる」のである。

第二次大戦後から続いてきたドルを軸にした世界の金融経済システムが、ユーロ登場のおかげで地殻変動を起こしている。 理由が理由だけに、この事態はいつ収まるとも知れず、あらゆるハプニングに備えなければならない

作成:Sanshiro 2008.06.21 更新:2008.06.27

< 前の月 | 次の月 > | このページのTOPへ↑