アクセス数:0000032823

<<April 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

< 前の月 | 次の月 >

大阪弁の Polluxstar

 

久しぶりに心を揺さぶられた。

 

大阪芸術大学の牧 泉教授が、がんで声帯を失いながらも教壇に復帰した。このことは大阪地区の朝毎読、産経、日経の新聞がこぞって書き、 NHK が夜9時のニュースで全国放映したから知っている人もいると思うが、これほどの人間ドラマはなかなかないのではないだろうか。

 

e ブックランドは、牧教授が講義に使用した「自分の声ソフト Polluxstar 」(OKI開発)の販売代理をしているために、牧教授がソフトを購入した 2007 年3月初めから、このドラマにかかわってきた。1年ぶりの教壇復帰の日( 08 年4月 15 日)には東京から、大阪芸大(大阪府河南町)に足を運んだ。

 

初講義(情報処理概論)が行われる 10 号館 515 号教室教室は、テレビ局3社の取材チームと新聞記者が待機して、受講の学生たちが入ってくる前からごった返していた。

 

「大変な騒ぎだね」

 

定員66人の教室が、ざわついているうちに 、冗談めかしたこんな声が響いた。声を出せないはずの牧教授の声だった。聴いたことのない人には、だれの声か分かるはずもない。教壇の牧教授は口を開いてはいない。しかし声帯があるうちに何度か、教授と電話で話したことのあるわたくしにはすぐ分かった。

 

「1週間後に手術の予定で、声帯がなくなるかもしれない。すぐソフトを作ってもらいたいのだが・・・」

 

2007年3月初め、あわだたしく大阪から電話をしてきた牧教授の声そのままだった。ややかすれた声と柔らかな大阪弁のイントネーションは当時の声そのものだ。

 

こんな冗談さえリラックスした声で、滑らかにパソコンで話せるではないか。なるほど肉声にはすごいパワーがある。これが自分の声を再現する Polluxstar の威力 なのだ! この時、すでにわたくしは声の出せない教授の講義の成功を確信していた。

 

牧教授は最初に、自分が声が出ないこと、授業は音声合成の声で行うことを学生たちに伝えたが、そう言われなければ教授が声を出せないことなど、学生のほとんどは気付かず、考えもしなかったに違いない。音声合成ソフトでの講義は、それほどの出来栄えだった。日本のみか、世界でも初めての快挙だろう。

   

授業が終わると、記者団に囲まれて、取材攻め。それにもキーボードを打って即座に答えた。この模様は新聞各社に教室から直接、送稿されて大阪の夕刊各紙の社会面を写真入りで大きく飾り、その晩の NHKのニュースウオッチ9 によって 全国にも報じられた。

 

「失った声 パソコンで再び 牧さん 1年ぶり教壇」(読売新聞)

「取り戻した声 再び教壇へ 声帯切除の大阪芸大・牧教授」(朝日新聞)

「パソコン「肉声」で復帰 声失った大学教授」(日本経済新聞)

「教室に響け  PC 肉声 もう一度 妻と話がしたい」(産経新聞)

「事前録音  PC が再現 “肉声”で教壇復帰」(毎日新聞)

 

牧教授がまだ取材陣に囲まれている間に、奥さんの恵子さんが隣の研究棟で待機していると知って、一足早く研究室を訪ねた。 「授業が終わって 10 号館から出てくる学生の感じがよかったので、うまくいったのかな・・・、どうだったのでしょう・・・。」 恵子さんは授業を受けて10号館から出る学生の足取りを研究室から見下ろして、講義はどうだったかと気配を探るほどに気をもんでいたのだった。

 

「すばらしい授業でした。大成功でしたよ!」 

 

わたくしが教室の雰囲気そのままに伝えると、心配そうだった恵子さんの表情が笑顔になってはじけた。

eブックランドはオーディオ出版やお話Podの運営など、音声にかかわるビジネスをしているということで、たまたまPolluxstarのバックアップを頼まれた。いささかお門違いのような気もしていたが、こんなに人助けになって喜んでいただけるのであれば、大いに営業してみようと思う。


 

作成:Sanshiro 2008.04.20 更新:2008.05.02

< 前の月 | 次の月 > | このページのTOPへ↑