アクセス数:0000032823

<<March 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
2627281234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

< 前の月 | 次の月 >

お話し Pod は半年で 100 万ヒット

 

e ブックランドの姉妹サイト「お話し Pod 」が間もなく 100 万ヒットを記録する。
今日の時点で 97万6378 ヒット、1日のヒットが 6000 前後だからもう間もなく 大台に乗る。

 
どたばたと立ち上げたのが 去年の 6月 21 日。 本格的にポッドキャスティング放送が始まったのが7月にはいってからだから、わずか半年での快挙だ。

 

コンセプトは朗読ボランティア全国ネットワークである。「声のドラマで日本列島を明るく楽しくしましょう。誰かに聞かせたい作品、自分の作品、あなたの朗読情報をお知らせください。お話し Pod の主役はあなたです」とトップページに掲げた。ポッドキャスティングだから聞くのは無料、朗読ボランティアならだれでも参加できる。

 

こうした考え方はデジタルラジオの構想から生まれた。未来のテレビやラジオは現在ののように、一方的に天から、空から降ってくるものではないだろう。 双方向(インタラクティブ)なデジタルチャンネルが数十もできる時代にあっては、視聴者はセグメント化してそれぞれの嗜好に合ったチャンネルを選ぶようになる。 人 々の好みは分散してゆく。

だからこれからはもっと多様な興味や関心、趣味に応えるチャンネルがあってしかるべきだろう。そうなると1時間に3000万もの巨額の制作費をかけるような番組は採算がなかなか取れなくなるのではないか。

ならば、むしろ試聴読者のエネルギーで番組を制作してはどうか。それは可能で、持続するものなのか。

 

かくてポッドキャスティング「お話し Pod 」は始まった。スタッフはまったくのボランティアである。参加者もまた全国の朗読ボランティアというわけで、究極の実験放送である。

 

結果は半年で 100 万ヒットの達成となった。訪問者は繰り返しアクセスしている人が多いようで 18 万人、ページビューは 43 万、ダウンロードファイルは 460 万超、 7700 万キロバイトだ。

 

デジタル時代には個々人の新しいエネルギーが渦巻いている。このことをこれほどはっきりと示す数字はないだろう。

これを別の角度からみれば、人々は一方的に放送される現在のテレビ・ラジオには飽き足らなくなっている、ということでもある。そもそも視聴率が1%もなければ番組にもならないというマスメディアのありようがおかしい。日本では1%といえば100万人以上である。

 

成功した要因は、ベテラン朗読者が巧みにサイトを管理してくれたことにもある。読み比べ、聞き比べなどの斬新な企画を次々と打ち出して利用者をひきつけ、ピーク時には全国から1日 3300 人もがアクセスして朗読に耳を傾けた。

工夫次第ではこのようなデジタルラジオ放送は成り立つ。これにささやかなスポンサーがつくだけで持続させるのは可能ではなかろうか。
         
                              (つづく)                                                          


作成:Sanshiro 2007.01.20 更新:2007.01.21

< 前の月 | 次の月 > | このページのTOPへ↑