アクセス数:0000032823

<<August 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

2017年07月 (1) 2017年06月 (1) 2017年05月 (3) 2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

< 前の記事 | 次の記事 > | 最新5件を表示
平時と戦時について

 カラスのおはようコールが終わると、こんどは小鳥たちのさえずりである。 陽が昇り人間どもが起きてきて、電車や自動車が動き出すと小鳥たちのか弱い声などかき消されてしまう。1日のなかで日の出前後の一瞬だけが、小鳥たちが仲間と満足に話し合える貴重な時間らしい。春のせいもあるのか、その真剣な鳴き声は聞いていて切ないほどだ。

 平和だなと思う。平時なればこその穏やかな朝だ。
 まだ平時だから鳥たちのさえずりを聞いていられる。戦時になればどうか。平時には人を殺したら、罪に問われる。それが戦時となれば、人を殺すことが賞賛されて英雄となる。価値観が180度、逆転してしまう。

 わたくしは元々ジャーナリストで、そんな戦時を2度、従軍記者として目撃したことがある。イラン・イラク戦争の勃発のときとイスラエル軍によるPLO掃討のレバノン戦争である。イイ戦争の最前線は双方の迫撃砲弾がキュルルキュルルと頭の上を風を切って飛んでいるところだった。
 そんな不気味な砲弾のうなりが聞こえているうちが生きている証しなのだ。直撃弾でも食らったら、音など聞こえないどころか、もうあの世へいっている。いささか青ざめて塹壕に飛び降りたら、地面に無数の砲弾のかけらが落ちていた。ギザギザに尖った砲弾の破片は小さくてもズシリと重い。体の主要部分に当たれば貫通して即死だろう。よその国の戦争取材で死ぬことの愚かしさを痛感した。
 それから間もなく、こんどはパレスチナ解放機構(PLO)をレバノンから駆逐する狙いで、イスラエル軍によるPLO掃討作戦が始まった。従軍記者として取材したいと申し込んだら、「いかなる出来事があろうともイスラエル軍が責任をおうことはない。ジャーナリスト個人の問題である」という宣誓書にサインするよう求められた。
 従軍するもしないもわたくしの意思次第という誓約書を前にして、さすがにしばし考え込んだ。そして結局、わたくしはサインしてレバノンのベイルートへの道を北上した。「怖いもの見たさ」ということはあるものだ。しかしそんなことよりも、あの時以来、わたくしは所属の新聞社の特派員を超えて、すべてを自らの個人の責任で報道するジャーナリストに変貌した。

 帰国して数年、こんどはロンドンに派遣された。
 足かけ3年の駐在の間に冷戦終焉という歴史的なドラマがあった。ベルリンの壁を打ち砕くなど東欧諸国のドミノ革命は一つのヨーロッパに向かって突き進もうとする統合運動の熱気がエネルギー源だった。
 それにしても激しい原稿書きの日々だった。夕刊が終われば朝刊とほとんど24時間勤務が続いた。この激務がいつの間にか身体を蝕んでいたような気がする。帰国の直前のころには忙中暇と楽しむこともあったゴルフがハーフも回われないほどに弱っていた。そこに大学の恩師から「都内に教授のポストがあるが、どうだ」という手紙が舞い込んできた。
 すでに心は新聞社を離れていた。体調不良もある。大学の教壇に立つ決断は早かった。

 転身してからは、ジャン・モネや後継のジャック・ドロール、フランスのミッテラン大統領選挙、ドイツのコール首相ら歴史を大きく変えた政治家たちの尽力について何冊か書いた。しかし日本では戦争ができないように国家の国境をなくすなどという発想は受け入れられないようである。
 そしてむしろ戦前のような国に回帰しようとさえしているようにみえる。1回の敗戦くらいでは教訓にならないのだろうか。平時はすでに遠く、日々、戦時に近づいているようにみえる。

作成:Sanshiro 05.26 20:54
< 前の記事 | 次の記事 > | 最新5件を表示このページのTOPへ↑

このページのTOPへ↑