アクセス数:0000032823

<<August 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

2017年07月 (1) 2017年06月 (1) 2017年05月 (3) 2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

< 前の記事 | 次の記事 > | 最新5件を表示
マクロン大統領の就任に思う

 なんだか今朝は、カラスにせかされているような気がする。フランス大統領選挙の決選投票から1週間もたってエマニュエル・マクロン氏(39)が正式に就任したというのに、なにをぐずぐずしているのか・・・とカーカー鳴く。

 うるさいから、はっきり言おう。
 テレビも新聞も、日本のメディアはマクロン大統領の誕生の意味を正しく伝えていない。
 なによりも重要なことは、今回の大統領選挙でフランス国民は「不戦条約」としてのEUを選択したというところにある。 EUは互いに戦争はしないことを誓ったヨーロッパの国々の集まりであって、難民ごとき問題で揺らぐような機構ではない。
 
 ”ヨーロッパ統合の父”とされるフランスのコニャック商人、ジャン・モネ(1888ー1979)はこう喝破していた。
 「戦争というのは、不可侵と称する主権を国家が振り回すところから始まる。戦争をなくすためには国家主権を自由にさせてはならず、しばり上げ、取り上げなければならない」
 普仏戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦と一世紀の間に3度の全面戦争に見舞われたフランスの教訓から編み出した政治哲学だ。モネによれば、ある国が軍備の強化に動き出すや、隣接の国々が恐怖をおぼえて一斉に軍備増強を始める。それが際限のない軍拡競争を引き起こし、軍事費が民生を圧迫するようになり、ついには戦争がおっぱじまる。

 だからヨーロッパ統合は、最初に戦争遂行に必要な戦略物資、石炭と鉄鋼を国家を超えた共同体という超国家機構に委ねるところからスタートした。1952年に正式に動き出した石炭鉄鋼共同体の代表にはジャン・モネが就任した。共同体は国家に干渉されないために意思決定にも多数決を採用するなど工夫がこらされ、今日に至るまでEU関係機関の基本ルールとされている。

 ひるがえって東アジアはどうか。
 ご覧の通り、唖然呆然、ものの見事にジャン・モネの指摘が現実のものになって目の前で展開されている。軍拡競争はとめどなく、ついにくるところまで来たようだ。
                         つづく
作成:Sanshiro 05.15 11:46
< 前の記事 | 次の記事 > | 最新5件を表示このページのTOPへ↑

このページのTOPへ↑