アクセス数:0000032823

<<August 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

2017年07月 (1) 2017年06月 (1) 2017年05月 (3) 2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

< 前の記事 | 次の記事 > | 最新5件を表示
 今朝はカラスよりも早く起きた。
 5月8日の月曜日はフランス大統領選挙の決選投票の開票日。日本時間の午前3時(現地時間午後6時)には速報が流れる。
 EUの申し子ともいうべきエマニュエル・マクロン(39)が勝つことは分かっている。しかしその勝ちっぷりはどうか。対抗馬のマリーヌ・ル・ペン(48)の得票はどうだろう。

 フランスはドイツとともにヨーロッパの27か国を束ねる基軸の国である。任期5年だから近未来のヨーロッパの動向を占う選挙だとといって過言ではない。ましてイギリスがEU離脱を決め、自分の国さえよければいいという「アメリカ・ファースト」のトランプ政権が誕生した後だけに注目しないではいられない。

 予想通り、フランス国内の投票が閉め切られるや、マクロン大統領誕生へと速報が流れた。ル・モンド紙の出口調査では得票率はマクロン候補が65.1%、ル・ペン候補が34.9%だという。大差の勝利で、ヨーロッパのさらなる不安定化の観測は一掃された。

 安堵の空気を反映して、開票後、一番に開かれた東京の株式市場は450円高の暴騰をみせ、日経平均2万円の大台にあと一歩に迫った。

 ただ、わたくしは第1回投票に向けて、EUからの離脱を掲げて選挙戦の先頭を走った国民戦線のル・ペン候補の善戦ぶりが気になる。中東・アフリカからの難民問題はなにも解決されてはおらず、フランスで国民投票が行われれば可決されかねないレベルの支持率だ。

 もともとフランス人は愛国主義者が多い。自国通貨フランを放棄してユーロを採用するヨーロッパ統合を問う国民投票は、それこそ薄氷を踏む僅差で批准に漕ぎつけたものだった。1992年のEUを創出するためのマーストリヒト条約は、賛成51.05%、反対48.95%というきわどさ。それでも勝ちは勝ちだった。

 子供のころからユーロ通貨を握りしめて育ち、国境のないヨーロッパに生きてきたマクロン大統領に、それ以前のフランスへのノスタルジアはない。だからEUの是非を国民投票に委ねるような、イギリスがしたようなへまをすることはよもやないだろう。

 しかし政治の世界は一寸先は闇、かつてわたくしがジャーナリストだったころの古戦場、ヨーロッパにまた目をくばってみようと思う。

作成:Sanshiro 05.09 18:25 更新:05.14 17:51
< 前の記事 | 次の記事 > | 最新5件を表示このページのTOPへ↑

このページのTOPへ↑