アクセス数:0000032823

<<March 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
2627281234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

< 前の記事 | 次の記事 > | 最新5件を表示
「希望の塾」の開講を祝福してグリーンの流れ星が飛んだ

リリーの追っかけとしては小池百合子政経塾に参加しないではいられない。10月30日に記念すべき「希望の塾」の開講式に出席した。

冒頭、小池都知事が明らかにしたところによれば、応募者の総数は4800人超、その中から2900人超が塾生として選ばれた。
応募は予想された通り、都民だけでなく九州から北海道まで全国各地から寄せられ、海外のハワイから応募して塾生になった若者もいた。既成の政治を打破しようとするリリーの東京大改革にたいする関心と共感は日本列島全体に広がっていることが裏付けられた。

政治家が主宰する政治塾としては日本の政治史上、最大のスケールである。このため開講式はJR池袋からそう遠くない大学の講堂で午前10時、午後1時、同4時、同7時からと4回に分けて行われた。
小池都知事も、地方自治体の行政について講演した豊島区の高野夫之区長も、同じことを4回、話さなければならずご苦労なことであった。

開講式が終わったその晩、日本列島上空に巨大な流れ星が出現した。
国立天文台に青森、秋田、新潟、さらには神奈川など首都近郊から多数の目撃情報が寄せられた。それによれば流れ星は31日の未明、緑色の光を放って飛んだという。

緑、グリーンは小池都知事のシンボルカラーである。大きな流れ星が現れて緑色に輝いて飛んだのは「希望の塾」のキックオフを祝福するためであるに違いない。天も祝うとはなんという瑞兆であろうか。

有権者をなによりも大切に、東京大改革に着手した小池都知事の行政のスタイルは、これまでの根回しと談合が横行する日本の政治手法とはまったく異なる。
「希望の塾」の発足は古い日本の政治との真っ向勝負のバトルが始まったことを意味する。最後は太平洋戦争の敗戦とアメリカによる戦争に終わった日本の古い政治との最後のバトルが始まったのだとわたくしは考えている。

これまでも改革を志した政治家としては日本維新を率いた橋下徹のような方がいた。しかし守旧の権化で、たいそうな息子思いの石原慎太郎に抱きつかれて路線を見失い、政治勢力としては失速した。
この点、小池都知事は豊洲市場移転問題で関係の市場長ら8人を懲戒処分するとともに、このような事態をもたらした、のんべんだらり、弛緩した石原都政の責任までも追求しようとしている。石原元都知事といえども責任追求を逃れることはできないだろう。

小池都知事には石原慎太郎との間に父親の時代からのしがらみがあった。これを豊洲市場問題でスッパリ断ち切ることができたのは、新しい日本の政治を目指す小池都知事にとっては幸運なことであった。これまた小池都政にとっては願ってもない天の配剤だったとみている。

もはや「希望の塾」の前途を阻むものはない。
しかし政治こそはリアルな戦いの場だ。マネーまみれのドンたちの古い政治勢力との総力戦は始まったばかりである。


作成:Sanshiro 11.03 15:18
< 前の記事 | 次の記事 > | 最新5件を表示このページのTOPへ↑

このページのTOPへ↑