アクセス数:0000032823

<<August 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

2017年07月 (1) 2017年06月 (1) 2017年05月 (3) 2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

< 前の記事 | 次の記事 > | 最新5件を表示
小池都知事は大変なあげまん女性なのではないか

国際社会で東京の地位がグングン上がっている。
アメリカの観光情報誌「コンデナスト・トラベラー」が10月19日に発表した「世界の魅力的な都市ランキング2016」によれば、東京が世界1位にランクされた。2位が京都。

観光に関心のある世界中の人々10万人以上が投票して決められるランキングである。フランスのパリやロンドン、ニューヨーク、イタリアの常連のローマやフィレンツェをそっくり蹴落としてのランクインだから、相当に価値ある称号だといえる。選ばれたのは「近代的な高層ビルが林立しながら歴史的な神社や寺院も共存し、美食の都としても最高の都市だから」と、べたほめだ。

これまでかなり下のほうにランクされていた東京がトップになった第1の理由は、テロの恐怖がないところにあるとにらんでいる。いまや欧米の主要都市では心のどこかでテロがありはしないかとヒヤヒヤしていなければならないが、その点、平和な日本の首都東京はとにかく安心だ。

しかしそれだけでは、突如、世界の観光業界のトップに躍り出た訳の十分な説明にはなるまい。わたくしは東京の初の女性都知事として小池百合子さんが就任した公報宣伝効果がとても大きいとみている。

リオの閉会式で見事な英語のスピーチでデビューした小池都知事は、その後、五輪施設に大なたを振るっている。これがおもしろおかしく海外に東京発で発信されている。これを読んだり見たりした観光客は「そういえば東京はおもしろいところだったなあ」と改めて思い出して、大挙、投票したのだと思われる。

もう一つは国内のシンクタンク「森記念財団都市戦略研究所」が2008年から発表している「世界の都市総合力ランキング」だ。
最近発表された同研究所の2016年の報告によれば、8年連続して4位だった東京が、ロンドン、ニューヨークに次いで3位にアップした。躍進した。これまで不動の3位だったパリを抜いての大躍進である。

小池都知事は選挙中、「キャスターをしていたころの世界の大都市はロンドン、ニューヨーク、そして東京の順番だった。当選したら東京を再びかつてのように元気にしたい。そのためにも投票してください」と街宣車から訴えていた。それを就任から3か月足らずで実現してしまったから恐れ入ったものだ。

小池劇場は相変わらずの賑わいをみせている。の報道によると、東京都という厳密はローカルな話題だが、小池都知事に関する豊洲市場の移転と五輪施設のコスト削減に関するテレビ番組は地方での視聴率が、ほとんど都内と変わらないほど高い。高いだけでなく、視聴率が下がらなくて、担当のプロデューサーさえ首をかしげているという。(デジタル朝日)

ビデオリサーチ調べによれば、小池百合子氏が都知事に就任した8月から9月7日までの平均視聴率は関東地区8・4%、関西地区8・5%。民放各社の午後のワイドショーは5%で合格点と言われる時間帯なのだが、10%を超える日もあるという。視聴率は広告の単価にもはね返るとなれば、各局がねじりハチマキで都政番組の早撃ち競争を演じ、午前中も朝から報道しているのも分かろうというものだ。

10月18日午後、NHKを除く日テレ系、TBS系、フジテレビ系のテレビは小池都知事と国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長との会談の模様を約40分にわたって、CMをほとんど入れずに生中継した。なかにはほぼ2時間にわたって都庁関係の話題を流した民放局もあった。前代未聞である。

ましてその日の売上げが実入りのタブロイド紙が、目の色を変えて小池劇場関連の特ダネ競争は当然である。連日、トップページに小池都知事の活字か写真を見ない夕はない。そうでもしないとタブロイドは売れなくなっているのではあるまいか。いまやテレビ局のロデューサーとタブロイドの編集長は新宿の都庁ビルに足を向けては寝られないに違いない。

小池都知事が打ち出した都政の見え化、透明化政策はものの見事に当たったといえる。東京市場に10月に入って外国人投資家が戻ってきた。この理由についてはもう少し調べなければならないが、東京都は相当なあげまん女性を都知事に迎えたようだ。

作成:Sanshiro 2016.10.23 更新:2016.11.03
< 前の記事 | 次の記事 > | 最新5件を表示このページのTOPへ↑

このページのTOPへ↑