アクセス数:0000032823

<<August 2017>>
SuMoTuWeThFrSa
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

2017年07月 (1) 2017年06月 (1) 2017年05月 (3) 2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

< 前の記事 | 次の記事 > | 最新5件を表示
バッハIOC会長を味方につけた英語力

前代未聞である。
都民のみか、全国民が小池百合子都知事とトーマス・バッハIOC会長の会談をLIVEで見守った。双方の随員ともどもが連なる会談の模様は、大手の民放各社とネット系TVによって全国中継された。

バッハIOC会長と随員一行はテレビカメラの砲列に戸惑っただろうけれどもおくびにも出さず、ジョークも交えて言うべきことを明快に語り、それがストレートに国民に届いた。小池都知事の見える化、透明化政策というのはここまでやるものらしい。

バッハ会長は、冒頭、小池都知事がリオでの会談の折に吹き込んでおいた「日本にはもったいないという言葉がある」というもったいないの精神を尊重するとして、東京都の予算削減の姿勢を容認した。ここに小池都知事のリオの閉会式で聴衆を驚かせたという達意の完璧な英語が生きている。

ただ、TOKYO2020の巨大施設をめぐる小池都知事と森喜朗会長の対立にはIOCも重大な関心を持っている。早期に解決して事態の沈静を図らなければならないと考えている模様で、バッハ会長は、東京都、森会長の組織委員会、丸川五輪担当相にIOCが参加する4者会談を提案した。

実際、巨額な利権のからむ五輪施設をめぐるこじれはこわい。すでに談合の刑事事件の霧さえ立ち込めている施設でもある。ブラジルでは事情は違うが、リオ五輪の最中に国家予算予算の粉飾問題で現職の女性大統領が上院で罷免されるという異変があったばかりだ。IOCがボート・カヌー競技について韓国での開催を検討しているのは、IOC副会長が「海の森」での開催に執着しているだけでなく、なにが起こっても不思議ではないと危機感を募らせている表れでもある。

このあたりの読みは、経験の長いバッハ会長らIOCのほうが深いのかもしれない。
復興五輪の原点に戻って宮城県で開催できれば、被災して5年を過ぎてなお打撃から立ち上がれないでいる東北地方の人々を元気づけることは確かだ。山形県生まれのわたくしも望んではいるが、小池都知事も妥協を余儀なくされるかもしれない。東京都の新たな試算で、よけいな付帯施設を削除すれば事業費を300億円ほどに圧縮できるという報道もかけめぐっている。

ともあれ、ボート・カヌー施設などの見直しは、10月中に小池都知事が決断し、国内の関係団体とすり合わせたうえで、IOCから提案の4者会談が11月に開催されてひとまず決着をみる見通しが出てきた。そもそも五輪は開催する東京都議会とIOCが結ぶ民事上の契約だから両者の呼吸が合えばシャンシャンと行くはずだ。

問題はまだまだ山積している。当座、この問題だけでも解決の見通しが出てきたことは喜ばしい。

作成:Sanshiro 2016.10.19 更新:2016.10.19
< 前の記事 | 次の記事 > | 最新5件を表示このページのTOPへ↑

このページのTOPへ↑