アクセス数:0000032823

<<October 2018>>
SuMoTuWeThFrSa
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910

2017年10月 (2) 2017年09月 (1) 2017年07月 (1) 2017年06月 (1) 2017年05月 (3) 2016年11月 (1) 2016年10月 (7) 2016年09月 (9) 2016年07月 (18) 2016年06月 (5) 2016年05月 (4) 2016年04月 (3) 2016年03月 (1) 2016年02月 (1) 2016年01月 (2) 2015年11月 (1) 2015年10月 (2) 2015年09月 (1) 2015年07月 (2) 2015年06月 (1) 2015年05月 (1) 2015年04月 (4) 2015年03月 (3) 2015年02月 (2) 2015年01月 (2) 2014年12月 (1) 2014年11月 (3) 2014年10月 (2) 2014年09月 (1) 2014年08月 (3) 2014年07月 (2) 2014年06月 (1) 2014年05月 (1) 2014年04月 (1) 2014年03月 (2) 2014年02月 (1) 2014年01月 (1) 2013年12月 (1) 2013年10月 (1) 2013年09月 (1) 2013年07月 (1) 2013年06月 (2) 2013年04月 (1) 2013年02月 (1) 2013年01月 (1) 2012年11月 (2) 2012年10月 (1) 2012年09月 (1) 2012年06月 (1) 2012年05月 (1) 2012年04月 (1) 2012年03月 (2) 2012年02月 (1) 2012年01月 (1) 2011年12月 (1) 2011年11月 (2) 2011年07月 (2) 2011年06月 (1) 2011年04月 (1) 2011年03月 (1) 2011年01月 (1) 2010年12月 (2) 2010年11月 (2) 2010年10月 (1) 2010年03月 (2) 2009年12月 (1) 2009年11月 (1) 2009年10月 (1) 2009年08月 (3) 2009年07月 (1) 2009年05月 (1) 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (1) 2009年01月 (4) 2008年12月 (3) 2008年11月 (1) 2008年10月 (3) 2008年09月 (5) 2008年06月 (1) 2008年04月 (1) 2008年03月 (1) 2008年02月 (2) 2008年01月 (3) 2007年12月 (3) 2007年11月 (2) 2007年10月 (1) 2007年09月 (1) 2007年08月 (2) 2007年05月 (1) 2007年04月 (2) 2007年03月 (1) 2007年02月 (3) 2007年01月 (1) 2006年12月 (2) 2006年11月 (2) 2006年10月 (4) 2006年07月 (2) 2006年05月 (1) 2006年04月 (3) 2006年02月 (1) 2005年12月 (1) 2005年11月 (1) 2005年10月 (2) 2005年09月 (2) 2005年08月 (2) 2005年07月 (4) 2005年06月 (2) 2005年05月 (6) 2005年04月 (4)

<< ...  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  最新 >>(全224件中1~5を表示)
カズオ・イシグロの思い出

 銀座界隈では号外が刷られて、飛ぶような売れ行きだったらしい。カズオ・イシグロがノーベル文学賞を受賞した10月5日の晩のことだ。

 わたくしもニュースを聞いて昔のスクープの快感が蘇った。カズオ・イシグロがブッカー賞を受賞したことを日本で最初に報じたのは、なんとわたくしなのだ。1989年だから28年も前になる。
 ブッカー賞の選考会が開かれるという案内があり、ノミネートされた作家の中にカズオ・イシグロという名前があるのをみつけてふと興味をかき立てられた。会場に足を運んでみれば、日本人の取材記者はわたくしだけである。

 その日、ノミネートされていた作家にはカズオ・イシグロのほか、マーガレット・アトウッド、ジョン・バンヴィル、シビル・ベッドフォード、ジェイムズ・ケルマン、ローズ・トレメインの5人がいた。
 これらの作家たちの誰が、英語圏最高かつ最も権威のあるブッカー賞を受賞するかはまだ分からない。しかしわたくしが日本からの特派員だと知った事務局の女性の愛想がいい。発表になる前から、「カメラマンが集まっている作家に注目しましょうね」などと付きっきりでアドバイスしてくれる。作家たちの座る中央の席に目をやれば、どうやら日本人とおぼしきカズオ・イシグロがフォーカスされているようだ。

 もしかすると・・・。振る舞いのワインもそこそこに、緊張しながら見守るうちにいよいよ受賞者の発表である。その瞬間、わたくしはカメラを握りしめてカズオ・イシグロの席に駆け寄っていったことを想い出す。カズオさんは新妻ローナさんとともに祝福を受けていた。

 それから間もなく、受賞のあわただしさから解放されたころ、わたくしはイシグロ夫妻を自宅に招いてブッカー賞受賞をお祝いするパーティーを開いた。もう少し取材して長尺ものの記事になりはしないかという仕事をからめての招待のつもりだったが、一言二言、話をするうちに、まったくかみ合わないことが分かった。
 英語の問題もある。わたくしのブロークン・インングリッシュは、イギリス人が繊細で完璧な英語だと感動するカズオ・イシグロの文体を話題にするにはほど遠い。それだけではない。イシグロさんはさりげなく、しかし鋭くわたくしのグローバルな歴史認識を探ってくる。イシグロさんにとってもわたくしは興味深い取材対象であったらしいが、がっかりさせてしまった。日々の出来事を書きなぐるだけの薄っぺらな記者とは出来が違いすぎる。イシグロさんはそんなことをおくびにも出さない控えめな方だけに、かえって痛感したのだった。

 ローナさんに料理が美味しいと言っていただけたことだけが救いだったように覚えている。もう遠い昔の思い出になる。
作成:Sanshiro 2017.10.06

戦争か平和か、増税か減税か

 カラスによれば、10月の総選挙は天下分け目の戦いだという。戦争か平和か、増税か減税かの戦いになるというのである。

 わたくしもそう思う。
 極東アジアはいま、極限の緊張をはらんでいる。頭の黒いカラスどもは、この雰囲気の中で総選挙をしかけてきた。この難局にある日本のかじ取りができるのは、俺たちしかいないといわんばかりだ。

 こういう選挙はよくよく考えて投票しなければなるまい。
 危険極まりない北の脅威に直接、さらされているのは日本だ。戦争に巻き込まれるかどうか―有権者の投票によって左右されるかもしれない。確かに重大な総選挙である。

 この局面に小池百合子都知事が「希望の党」を率いて参戦してきた。大変な決断だと思う。与党自民党の天下に政治生命さえ賭けての挑戦になる。

 いまのところ都知事としての任務があるとして自身の出馬については明言を避けているが、「希望の党」の党首ならば同党の立候補者はみな、出馬して頭の黒いカラスどもに一泡吹かせてほしいと願っていると思う。

 わたくしもミサイルをぶち込まれるかもしれない極限の状況だからこそ、小池都知事に国会に戻ってほしいと願うものの一人だ。
 そして第1党でなくても、中小政党の支持も得て政権を担い、戦争をしたくてうずうずしている頭の黒いカラスどもとは異なる国際政治を行ってもらいたい。日本に女性首相が誕生するだけで一触即発の極東アジアの情勢が変わるかもしれない。トランプ大統領とも丁々発止、上手にやり合うのではないか。

 都知事自身、総選挙での勝利がすなわち総理、総裁であり、首相であることを意識している。「希望の党」からの立候補者に安全保障に関して一致していることが条件だとしているのはこのためだ。小池都知事の支持者に多い無党派層にはやや難しく聞こえるかもしれないが、国政を担う選挙であるからにはうやむやにしておく訳にはいかないのだろう。

 総選挙の結果はわたくしたちのふところを直撃する。与党の勝利すれば消費税10%に引き上げられる。
 これにたいして「希望の党」は「消費税の引き上げは凍結」と宣言している。そして衆参両院の国会を1院制にするなど政治にかかるお金を節約するという明治維新以来の政治の機構改革を打ち出している。これには憲法を変えなければならない。おのために憲法改正を掲げているのであって、与党とは同じ憲法改正でも中味が違う。

 「希望の党」は日本の政治に巣くう既得権益をとことん排除し、それを地方行政のあり方にまで徹底しようとしている。
 財政的に行き詰まった日本を救い、国民を重税から助け出すためである。お国のためならなにをやっても構わないといわんばかりの国家主義の政治とはお別れの時がきた。
 まさしく天下分け目の総選挙である。


作成:Sanshiro 2017.10.02

小池新党は一院制で第1党へ

 衆議院の解散が目前に迫っているという。首相が国連総会から帰国して開かれる臨時国会の冒頭、解散が宣言され、10月の投票日までが決まっているかのような報道だ。

 国防費などが莫大になって予算が組めなくなり、いよいよ消費税を10%に引き上げないとにっちもさっちもゆかなくなったというのが本当のところらしい。国有地のトップセールス隠しもある。この国際情勢下、信じられないタイミングでの解散だ。

 野党の民進党が混乱している間に、不意打ち解散で自民党の天下を盤石にしたいと政府は計算しているようだが、果たしてそうなるのかどうか。

 わたくしがこれまで見守ってきた東京都の政治の流れから、自民党の思惑とはまったく逆の開票結果が出るように思われてならない。端的にいえば、小池百合子都知事の率いる「都民ファースト」が自民党候補を蹴散らして圧勝した都議選と同じような現象が起きるのではないか、ということだ。

 理由はそう複雑なものではない。
(1)国民はだれも税金の引き上げを望んでいない。
(2)小池新党が掲げる「国会の一院制への転換」の公約は究極の行政改革だ。参議院を廃止して衆議院だけの国会にすれば、政治にかかるお金はほとんど半分で済む。
(3)国会が行う行革の断行、政治の仕組みのスリム化は、地方自治体から官僚機構に波及する。増税するどころか、引き下げさえ可能になる。

 小池新党は国政ではまだ政党名さえ決まっていない。仮に「希望の党」として、臨時国会の冒頭での解散に合わせて届け出て、かねて若狭議員らが準備している立候補者予備軍をありとあらゆる選挙区に立てたらどうなるか。衆議院議員の総議員定数は465名(うち289名が小選挙区議員、176名が比例代表議員)である。

 小池都知事の信頼の厚い若狭議員のセミナーの受講者は200人ほどだというが、小池都知事が都議選ために集めた政経塾「希望の塾」には全国から6,000人以上が応募して受講している。立候補者予備軍はいくらでもいる。それに民進党などから割って出た現職の国会議員もいる。

 東京都議選と衆議院議員選挙では見逃せない違いがある。それは都議選では公明党が「都民ファースト」と共闘したけれども、国政では自公の与党を組んでいるからそうもゆくまいという点だ。

 それでも「税金を下げる一院制」を掲げる「希望の党」は破竹の勢いで有権者の間に浸透して、都議選での圧勝を再現するのではないか。

 小池都知事の戦いは、古い日本の仕組みとの最終戦だとみている。だからわたくしは女性として初の都知事に当選した1年前、「都道州制」という新書判の本(eブックランド刊 ISBN 978-4-434-22377-8)を出版してして捧げた。

 インターネットの時代に江戸時代の藩政の区割りそのままの地方行政では不経済でどうにもならない。お金が足りなければ赤字国債を刷ればいいさという関東軍の軍票さながらの財政運営の犠牲になるのは国民だ。
 このことを一番、よく知っているのは有権者である。
作成:Sanshiro 2017.09.21

今日7月31日は小池都知事が誕生した日である。あれから1年、都政のみか、国政までが大きく変わってしまった。

我田引水の自民党議員を一掃してこれだけのことを成し遂げた。もう日本の政治が元に戻ることはないだろう。これだけの大仕事をやってのけた小池百合子という政治家の力を評価したい。

カラスたちが騒いでいたことは分かっている。結構、マメに書いていた社長ブログを2か月近く、休載した。
その理由は、小池都政については前回の6月初めの「都民ファーストの会」の決起大会で、書きたいことはほぼ全て書いてしまったからだ。いま、読み返して都議選での地滑り的圧勝までズバリ的中している。その後のゴタゴタ、こともあろうか国有地のトップセールスなどを書いていたらペンが腐る。

課題は小池新党が主導権を握ったあと、この勢いを維持できるかどうかだが、これについてもわたくしは初の女性の都知事誕生を祝って昨年8月の段階で新書版の「都道州制」(ISBN978-4-434-22377-8)を出版したときに、縷々、書いている。
今回の都議選で当選した小池チルドレンは、口々に「待機児童をなくします」と語ったが、政党としては幼稚園・保育園問題に詳しい、保育士資格を持った都議会議員が2人か3人もいればいいのである。

新しい都議会議員諸君は、わたくしが「都道州制」で提案したような23区の業務を整理して、それぞれの区庁舎の2階と3階に保育園と高齢者ホームを併設するくらいの提案をして、都知事が口火を切った行政改革をさらに進められるかどうか。小池都知事のいうことをパクパク繰り返す可愛いオームやインコさながらでは、有権者から見離されてしまうだろう。

保育士を増員するというが、保育士も公務員である。一旦、採用したら定年まで雇用しなければならない。そのために支出される血税がどれほどになるのか。新しい都議会議員は計算してみたことがあるだろうか。財政的に豊かといわれる東京都だけが待機児童ゼロを実現したならば、地方の女性たちは「東京に行かなければ子供も産めない」と考えるようになって、それでなくとも若者たちがいなくなって高齢者ばかりになってきた地方はますますさびれるという弊害も起きるに違いない。

小池都知事の東京大改革については主張すべきはしたということで、もっと広く目を配ってみれば、エライことが起きている。
電子出版社eブックランドが商いをしている情報流通の業界では、外国資本(アメリカ資本)のアマゾン、アップル、Googleが書籍の流通からスマホ、タブレットまでを支配してしまった。この現象がわたくしのみるところあらゆる業界に及びつつある。

日本の産業界ではいまIoT(Internet of Things なんでもインターネット)が叫ばれて、右往左往している。インターネットの意味が分からないで世界第二の経済大国の日本がアッという間に500兆円の赤字国債を積み上げた1990年代の大失敗がまた繰り返されようとしている。もはや見過ごすことはできない。2017年8月からは新たな戦いが始まる。

作成:Sanshiro 2017.07.31 更新:2017.08.03

小池新党「都民ファーストの会」の総決起大会

 「こんな大切なときに、なにを昔話などしているのですか」とカラスたちが騒いでいる。ときにはカラスのいうことも聞こう。

 ”リリーの追っかけ”を自認するわたくしとしても、6月1日夕、目黒の雅叙園で急遽、開かれた「都民ファーストの会」の総決起大会について書かないわけにはいかない。
 盛り沢山なアジェンダだったが、分かりやすいところから挙げれば、1か月後の7月2日投票に迫った東京都議会議員選挙の「都民ファーストの会」の公認候補48人が勢ぞろいしたことだろう。さらに10人前後の追加公認を予定しているというから、都内の全選挙区に自民党とほぼ同数の60人の候補を立てて戦うとになる。

 この日、小池百合子都知事は政府自民党に退会届けを出して、正式に袂を分かった。席上、このことを発表して、「都民ファーストの会」の代表に就任したことは、大きな政治的意味をはらむ。
 都知事自身、この日の代表就任のあいさつのなかで、東京都知事選挙には「崖から飛び降りる覚悟で飛び込んだが、いま又、その決意を皆さまにお伝えします」と述べて、帰らざる川ルビコンを渡る胸の内を吐露した。この日を境にして、都議会自民党のみか政府自民党とも真っ向勝負するのである。政治家としての小池百合子の並々ならぬ覚悟が分かろうというものだ。

 ジャーナリストとして若き日に都庁詰めの記者として取材ことのあるわたくしは、東京での政治的な動向は全国に波及することを知っている。 安倍晋三政権とのがっちんこ勝負になった今回の都議選(6月23-7月2日投開票)は結果次第では列島に激震をもたらすだろう。

 それにしても小池新党はどこまで戦えるのか。
 わたくしが地元杉並区から立候補する「あかねがくぼ嘉代子候補」のチラシまきを手伝ってみた感触では、出遅れの感は否めない。しかしそれは新人でもあり当たり前のことだ。

 それでも有権者には強い関心があることを感じた。
 わたくしは各種の世論調査が示している無党派層の浮動票50%が大勢を決めるだろうとみる。これらの有権者の大半は重税にあえいでいる人々だ。最終的には血税を大切にしようと口を酸っぱくして主張し、実践してきた小池都知事に傾いて小池新党の圧勝をもたらすだろうと考える。

 折から不可解な税金の支払いが表面化するという敵失が続いている。
 戦争をしないはずの日本がミサイルの標的にされるようなことは失政ではないのか。もっと賢い対処の道があったのではないかという政治の舵取りにたいするもやもやした批判も必ずや投票に影響するに違いない。

作成:Sanshiro 2017.06.02 更新:2017.06.11

<< ...  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  最新 >>(全224件中1~5を表示) | このページのTOPへ↑